断酒に進むきっかけ ベスト3

こんにちは。

断酒応援しています。

断酒に進む、きっかけとなることを紹介します。

飲酒時の直視

おすすめナンバーワンです。

近親者が近くにいればスマホで撮影されてみて下さい。

仲間内や家族間での撮影が効果的です。

職場など緊張状態の飲み会では偽りの自分を演じている可能性があります。

以前にも書きましたが盗撮されるのがおすすめです。

というか盗撮されるべきです。

すんごいですよ。

何がすんごいのか?

飲酒している自分です。

まさに正気を失った操り人形。

自分の脳内で描いている自己像とは全く別者です。

恥ずかしいやら自尊心がズタボロになるはずです。

いやズタボロに傷ついた方が今後に資産となって返ってきます。

地の底まで落ち込みましょう。

80歳になっても飲んでいる

「今お酒やめなければ、80歳のおじいちゃんになっても今と同じように飲んでいますよ。

毎日毎日、歳をとって体の具合も悪くなって、それでも飲んでいますよ」

私は予言者ではありませんが、これだけは確実に的中すると断言できます。

「今お酒をやめなければ、あなたは一生飲んでいます」

お金を具体的に計算する

飲んでいる金額も計算して下さい。

毎日ビール何本で、おつまみに何円使って、飲み会で何円で、と具体的に1ヶ月分計算して下さい。

おそらく、お金を使い過ぎているとは思うはずです。

しかし、それほどの精神的ダメージはないのでは?

なぜか?

飲酒は自分に必要なものと誤認識しているからです。

アルコール依存によって間違った認識を発生させているのです。

飲酒に使った金額を直視して心のダメージが少ないのならば、それはアルコール依存症です。

お酒代だから仕方がない。

こう思っているはずです。

私が実際そうでした。

お酒代こそ0円にできるのものなのです。

0円にできたお酒代は収入増と同じことです。

自分を直視すること

断酒に進むきっかけ3つ紹介しました。

  • 盗撮される
  • 今の自分は未来の自分
  • お酒代のダメージ量で判断

これらはすべて自分自身に向き合うことです。

自分の思考、行いを直視するのです。

断酒は他の誰のためでもありません。

自分自身のためです。

断酒応援しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました