断酒者の1日

こんにちは。

断酒応援しています。

お酒を飲まないようになって
私はこういう生活をしています。

スポンサーリンク

起床

大体6時から7時の間に起床します。

起きた時の体調は爽快です。

仕事で憂鬱になる時もあります。

しかし、飲酒時代に比べたら
楽勝です。

飲酒時代の
体調不良はありません。

吐き気、だるさ、胃腸の不快、
頭痛、脂汗、体の重さは
皆無です。

あと
お腹が空いています。

断酒後は
朝ごはんを抜く
ということはありません。

お腹が減り過ぎて
バナナ1本でも食べなければ
耐えられません。

スポンサーリンク

仕事

仕事を始めます。

9時から18時まで仕事です。

昼休憩時に
同僚に「酒やめたんだ」と
ドヤ顔で言ってみても、
「あっそ」で終わりです。

断酒話に花は咲きません。

残業をして
遅くなる時もあります。

しかし
遅くなることによって、
飲酒時代のように
飲酒時間の確保が難しくなり
不安になるということはありません。

純粋にお腹が減って
夕ご飯を早く食べたいと
思うのみです。

喉も乾きますが
お酒という考えは皆無です。

冷えたお茶で十分満足です。

スポンサーリンク

帰宅

夕ご飯を食べお風呂に入ります。

夕ご飯時には
お酒はありません。

白米と味噌汁とおかずです。

十分すぎるほど大満足です。

夕食後に
アイスクリームを
食べることもあります。

飲酒時のように
3時間も飲食しません。

30分で夕食は終了です。

そして
お風呂に入ります。

スポンサーリンク

就寝

お風呂上がりには
冷えたお茶を飲みます。

物足りないとか
満足しないとか、
そういった感情は皆無です。

だって
お酒はもう私に存在しないものに
なったのですから、
飲酒時代の感情は湧き起こりません。

21時から24時くらいまで
ブログを書いたり、
本を読んだり、
筋トレしたり、
YouTubeを見たりして
過ごします。

そして就寝します。

スポンサーリンク

夢の中

布団の心地良さを
感じながら夢の中です。

飲酒時代は
気絶就寝ですので
布団の心地良さが
感じられませんでした。

悪夢はたまに見ます。

寝汗は皆無です。

飲酒時は起床時、
「水かぶった?」
というくらい寝汗をかいていました。

断酒後はとても快適です。

スポンサーリンク

どうですか?

断酒後のお酒なし生活は
どう思いましたか?

普通ですよね?

「どこに楽しみがあるのか?」

とも思われるかもしれません。

お答えします。

お酒飲んでいた時よりも
楽しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました