一切飲まない方がいい

こんにちは。

断酒応援しています。

お酒は一切飲まない方がいい、
この言葉は飲酒者の希望を打ち砕くのです。

スポンサーリンク

わずかな希望

飲酒習慣がある方は
お酒で生活に不利益があったとしても、
なんとか節酒で対応できないか希望を持ちます。

そんな時に
「一切飲まない方がいい」
こんな言葉を投げかけられます。

地の底まで突き落とされる気分です。

希望がない。

実は、
本人が一切飲まない方がいい事は
一番よく分かっています。

しかし
お酒との決別は耐えられないのです。

スポンサーリンク

飲まない方がいい現実

飲まない方がいい事は
決して覆ることのない事実です。

断酒の恐怖は
お酒によって感じさせられているのです。

冷静になって考えると
おかしいではないですか。

  • 飲む=快楽と修復不能の不利益が発生、その後全て改悪
  • 飲まない=一時的な恐怖と不安が発生、その後全て改善

不利益になることを
進んで行う人間はいますか?

少なくとも
分かっていながら
不利益を選択する人間はいません。

スポンサーリンク

不快を快と捉える

レジリエンスを活用してください。

断酒の不安、恐怖といった不快を
快と捉えてください。

しかしながら
不快を快と捉えようとしても
無理というものですね。

無理にでも
快と捉えようとする自分を
快と捉えてください。

  1. 断酒して絶望だ
  2. 断酒の絶望は今だけだと思って味わおうとする
  3. しかし味わえず、絶望感が襲う
  4. この手強い絶望感がお酒の幻想だなと思う
  5. 幻想の弱点を考える
  6. 時間経過が弱点だと判明する
  7. 毎日毎日地道に絶望感にダメージを与え続ける快感を感じる
  8. 時間経過で確実に絶望感は消滅すると知る
  9. 自分を苦しめる絶望を殲滅できる確信を得る
  10. 戦略を巡らせている自分を頼もしく思う

メチャクチャな考えで構いません。

何とか不快を快と捉えるように
努めてください。

スポンサーリンク

本来は一切飲まなくていい

断酒すれば
もう飲めないのではなく、
もう飲まなくていいのです。

本当に喜ぶべきことです。

何も怖くありません。

何も不安、絶望を感じる事はありません。

一切飲まない方がいい、
この言葉は飲酒者の未来を切り開く
魔法の言葉だったのです。

断酒応援しています。

コメント

  1. とりやま より:

    こんにちは。
    レジリエンスという言葉は、こちらのブログで初めて知りました。
    酒をやめる過程を経験して来た事は、他にも応用できそうです。
    仕事での苦境と将来への不安を解決するヒントかもしれません。
    同じ状況でも、自分がそれが良いと思えば良いし、駄目と思えば駄目なのかな?
    納得できるかどうかは自分が決める事のはずですから、どんな状況でも受け入れることが出来れば不安は消えるはずですが・・・。

  2. ホッシー より:

    >>1
    こんにちは。
    本当にいつもコメントありがとうございます☺️
    ブログを書くにあたり少しでもお役に立てればと依存症のことについて勉強しています。
    その際に「あっ、これ断酒に役立ちそうだな」と思えることを紹介しています。
    レジリエンスの考え方は断酒だけに限らず他の苦境にも応用できそうですね☺️
    ブログに書いていることは自分への自戒も込めているので、私も苦境を快と捉えて進んでいけるよう奮闘しております😅
    本当に中々うまくいきませんが、レジリエンスを楽しんで自分の思考を変えようと努めています。

タイトルとURLをコピーしました