飲まなくなった自分を想像できますか?

こんにちは。

断酒応援しています。

この自分がお酒をやめて、飲まない生活になるなんて想像ができないのです。

飲酒歴、飲酒量ブロック

お酒をやめようとしても、過去の飲酒量、飲酒歴が断酒を必要以上に困難と思わせます。

今までこんなに飲んできた、今までこんな量を飲んできた。

私は普通の酒飲みではない。

だから、お酒をやめることはできないのだろう。

お酒をやめている人は、そんなに飲んでいない人なのだ。

断酒できる事実

本当にそうでしょうか?

実際、断酒の必要性を迫られる人は、かなりレベルの高い飲酒者です。

場合によってはレベルカンストしています。

つまり相当なレベル、高レベルな飲酒者が断酒の必要性に迫られ、断酒成功しているのです。

このレベルの高い低いは競うことではありませんが、私も高レベルな飲酒者でした。

断酒できるのです。

飲酒量、飲酒歴ブロックは全く当てになりません。

習慣が意思を持っている

お酒をやめようとすると長年の飲酒習慣が襲ってきます。

飲酒欲求の大波となって飲み込んできます。

お酒を入れろ、お酒を入れろと飲酒習慣が要求してきます。

まさに飲酒習慣が意思を持っているようです。

ためらわず壊す

そんな要求に耳を貸してはいけません。

飲酒欲求が襲ってきたら、炭酸水などお酒の代わりとなるものを体に入れてください。

すると飲酒欲求が言います。

「ん??違うよ?違う、違う。欲しいのはお酒なんですけど」

それでも無視して炭酸水を飲んでください。

すると飲酒欲求が言います。

「お腹一杯になっちゃったじゃないか!まあいい。また来るからな!」

また来たら、炭酸水を流し込んでください。

もう飲まない自分ですよ

そんな生活を1ヶ月も続けたら、ほら、もう飲まない自分ですよ。

想像に難かった自分が早くも手に入りました。

断酒1ヶ月目以降、飲酒欲求の要求は弱くなります。

さらに飲まない自分が強固に手に入ります。

飲まない自分を想像できなくとも、断酒は絶対に可能です。

断酒応援しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました