お酒なしで楽しめると感動します

こんにちは。

断酒応援しています。

お酒なしで何事にも楽しめる、本当に嬉しいのです。

スポンサーリンク

飲酒時代はお酒がないとつまらない

今日は久しぶりに旧友に会う。

本当に久しぶりだなぁ。

楽しみだ。

久しぶりじゃないか!元気だった?

変わってないなぁ。

懐かしい。まあ元気そうでよかった。

夜飯どうする?

えっっ!!!酒飲めないの!?

おいしい定食屋がある?

ふぅ〜ん、い、いいよ。

あのさ、本当に酒飲まないの?

飲まないのね…。了解。

定食屋で当然お酒はなく、飲酒欲求が激流になって私を襲うのでした。

せっかく久しぶりの再会も、飲みたくても飲めなかった気持ちで押し潰され、台無しです。

友人には本当に申し訳ないです。

スポンサーリンク

シラフの体験<飲酒酩酊体験

アルコールに依存していると飲酒体験を求めます。

シラフの体験がつまらないと感じる、楽しめないのはアルコール依存の症状です。

もったいないですね。

本当にもったいないです。

本来は再会を楽しむために友人に会ったのですが、いつしか、お酒を飲むために友人に会うということになっています。

スポンサーリンク

お酒をやめなければ一生続く

そんな本末転倒劇は断酒をしなければ一生続きます。

お酒を飲むための人生。

そんなのは絶対に嫌ですよね。

私は絶対に嫌です。

お酒がないと楽しめなくなると大体楽しくなくなります。

だって1日中飲んではいられません。

飲めたとしても、それこそ地獄の人生です。

スポンサーリンク

感動しますよ!

断酒当初は楽しめないです。

しかし断酒継続の先にはアルコール依存から解き放たれ本来の感情が戻ってきます。

このワクワク感は懐かしいなぁ、となります。

そうそうこうだった、こうだったと感動するのです。

自分の自然な感情を存分に味わって下さい。

感動ものですよ。

断酒応援しています。

コメント

  1. とりやま より:

    楽しい酒が、いつのまにか苦しいものになる。飲まなくなった私はその苦しみから逃れる事が出来ました。
    休日の昼間、ランチにビールを付けるとスタートです。ビールは2杯。足りなくなって居酒屋へ移動、ホッピーで3杯。自分には家に帰る以外行くところもないし、酒を飲むしかすることがない。恐怖に襲われ、その恐怖から逃れるために帰りがけコンビニで買った缶チューハイを公園のベンチで飲む。そのままベンチで気絶。
    目が覚めて家に帰るが、夜眠れないのでまた飲む。
    ・・・何て恐ろしい。何て可哀想な人。
    でももう大丈夫!酒はやめたから。

  2. ホッシー より:

    >>1
    まさに恐怖ですね😱
    私も同じような事をしていましたのでよく分かります。あのまま過ごしていたらと思うと恐ろしい絶望感です。
    こうして断酒して過去の体験を語ると、いかに酒に依存して操られていたか分かりますね😱

タイトルとURLをコピーしました