断酒メガネ

こんにちは。

断酒応援しています。

飲酒時代と断酒時代、
ものの見え方が明らかに違います。

スポンサーリンク

和菓子って食べましたか?

いきなりですが、
飲酒時代、和菓子って食べましたか?

具体的には
あんこたっぷりな饅頭、
ようかんとかです。

私は絶対に食べませんでした。

和菓子に限らず
甘いものは食べませんでした。

美味しいんですけどね。

お酒に合わないですから
勝手に自分は甘いものが嫌いなのだと
思い込もうとしていました。

断酒した今は
和菓子バクバク食べてしまいます。

とっても美味しいです。

スポンサーリンク

飲酒メガネと断酒メガネ

なぜ甘いものを好きでないと
思い込むのか?

お酒に合わないからです。

つまり
物事の判断基準が飲酒なんです。

飲酒メガネをかけて世界を見ています。

それでは
何でもお酒になってしまいます。

では断酒メガネは??

当然
お酒のない世界を見つめられるのです。

スポンサーリンク

断酒メガネで自分の本質を理解する

お酒のない世界。

物事の判断基準は自分です。

自分で判断するのです。

人の意見を聞くことも重要です。

人の意見を聞き自分で判断するのです。

今までは
何も考えなくても
お酒が答えを出してくれていたので、
ある意味楽でした。

それは
思考を麻痺させていた訳ですが。

今度は自分で考え進んでいくのです。

最初は慣れないので辛いですが、
当然進むべき道なのです。

その先は明るいですよ。

スポンサーリンク

断酒して何しますか??

何がしたい?
どうしたい?
どうなりたい?

自分で決めて進んでいきましょう。

私も挑戦中です。

当然上手くはいきません。

失敗しても何度でも挑戦です。

断酒応援しています。

コメント

  1. とりやま より:

    >お酒が答えを出してくれていた
    これ本当にそうですね。
    酒任せの人生なんて、あり得ない。誰でも解る簡単な話。
    でも楽しむために飲んでいただけなのに、いつの間にか人生を乗っ取られる。なんて恐ろしい。

  2. 星ハジメ より:

    >>1
    いつの間にか酒を飲むために行動、思考していることに気がつかないのですね。
    自分は酒好きなだけだと思っていました。結局酒しかないから酒を通じて体験しようとする。酒を通じた体験は全く身になりません。そんなことも断酒前は気づかずに過ごしていました。断酒が気づかせてくれましたね😊

タイトルとURLをコピーしました