断酒は未来、飲酒は過去

こんにちは。

断酒は未来を掴みます。

飲酒は過去にすがりつくのです。

どちらを選ぶべきかは
明白です。

スポンサーリンク

断酒は未来の録画予約

お酒をやめると
人生における未来の番組表が見られます。

様々な番組表の中から
自分が興味のあるものを選んで
録画できるようになります。

2030年10月9日は
自分という舞台で
何の番組が放送されているでしょうか?

断酒した今、
全ては自分次第です。

スポンサーリンク

飲酒は過去のリピート再生

お酒を飲み続けていると
人生における過去の行動を
延々とリピート再生しているのです。

お酒を飲み始めた頃は
飲酒して支障もなく、生活も
程々に送れていたでしょう。

心身の不調も
何とか乗り切れていたでしょう。

それは
ただ単に依存レベルが
最低であったからです。

そのまま飲み続けている現在、
依存度はもれなくMAXです。

「酒を飲んでも
何とかなる」
「酒を飲んで
困難をやり過ごして行こう」

といった過去の行動は全く通用しません。

しかし
飲酒はビデオテープのように
擦り切れたボロボロのテープを
何度も何度も再生するのです。

そして
失敗を繰り返し
自滅していくのです。

スポンサーリンク

何度も同じものを求める

飲酒のリピート再生は
何度も同じものを求めたいという
希望がこもっています。

過去の栄光、成功事例、
お酒で何とかなった体験、
これらを求めているのです。

これからも
きっと上手くいくと思いたいのです。

お酒を飲んで上手くいくと
思いたいのです。

お酒を飲んでいて
人生が上手くいくと
何の疑問も持たず
自負しているのです。

スポンサーリンク

前提が間違っていた

求める希望の前提が
違っていたのです。

お酒を飲んで楽しい人生。

人生苦もあり、楽もある。

そこでお酒を飲んで
最終ハッピーという集団的記憶が
間違っていたのです。

人生苦もあり、楽もある。

そこでシラフで
自分の感情と対峙するのです。

スポンサーリンク

自分との対峙で未来が見える

断酒して自分と対峙するのです。

何がしたい、どうなりたい。

2030年10月9日は
どういう自分になっているのでしょう。

断酒していれば
ワクワクしますよ。

断酒応援しています。

コメント

  1. とりやま より:

    飲酒は逃避でした。
    逃避していて人生が上手く行く訳がありません。向き合わなければならないのです。
    当たり前過ぎる子供でも解る理屈ですが、飲酒時代の私には解っていませんでした。
    馬鹿みたい。

  2. 星ハジメ より:

    >>1
    飲酒が逃避ということは、断酒は戦いですかね😄
    果敢に挑戦していく戦いですね。
    お酒をやめてから無理矢理にでも、
    物事を前向きに捉えようとする癖かつきました☺️
    本当に良い変化だと思っています。

  3. とりやま より:

    ああ、確かに挑戦です。目から鱗です。
    いつも気付きを有り難うございます。

  4. 星ハジメ より:

    >>3
    こちらこそ、本当にいつもありがとうございます☺️

タイトルとURLをコピーしました