明日を考えて眠りについていますか?

こんにちは、星ハジメです。

酒を飲んでいると、酔っ払って眠るのが普通になりますね。

例えそれがどんなに異常な事だとしても、飲酒習慣が生活全体に浸食していくのです。

飲まないで眠る人、飲んで眠る人、これには明確で埋めることの出来ない差が現れてくるのです。

酩酊睡眠は思考を奪う

考えてみてください、毎日飲んでフラフラになって布団に倒れ込む生活を。

何か考えなくてはいけない事や、やるべき事があったはずです。

それを飲酒で全て流してしまったのです。

問題はそのままに。

そして放置した問題は絶望的に大きくなるのです。

飲まなければ、そんな事はあり得ません。

飲んで1日を総括して気絶する

私の飲酒時代もまさに上記の通りでしたよ。

毎日毎日飽きもせず絶対に飲酒する。

そうして1日を締めくくる。

酒を飲んで1日を終わらせないと嫌だったんです。

酒を飲まない夜が本当に物悲しいと感じたものです。

ですが、酒を飲まなくなって気づきましたよ。

酒を飲む夜の方がどれほど物悲しいのかを。

明日を考えて眠る人は行動が違う

飲む人と飲まない人は明らかに行動が違います。

それも不正解と正解のように行動が変わるのです。

もちろん飲む人は不正解、飲まない人は正解ですよ。

明日を考えて行動していますか?

明日は今日よりも良くしていこうと行動していますか?

どんな明日を積み重ねましょうか?

まずは酒を飲まない明日を積み重ねましょう。

それで十分明日を考えて行動している事になります。

明日を考えて眠りましょう。

明日を考えて行動を起こしましょう。

断酒がまず第一歩、明日への大きな一歩です。

断酒応援しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました