飲まない人の空気感をまとう

こんにちは、星ハジメです。

私の中では飲酒時代、飲む私と飲まない人たちは別の世界に住んでいました。

「酒飲めなくてかわいそうだな」

私はこうやって飲まない人たちのことを思っていました。

でも、その中でも”飲まない人の空気感”これを感じることがありました。

爽やかで前向きなその空気感は、いつも私の心の隙間を吹き抜けていったのです。

スポンサーリンク

飲まない人は爽やかだなぁ

飲み会などで嫌々?出席されている飲まない方々。

この方々は飲酒時代の私から見て本当に爽やかに感じました。

いつもシラフで、いつもと変わらない。

じっと笑顔で酒席の混沌を見守っている。

心の中ではどんなにしらけていようが、それを顔に出さず、じっと時が過ぎるのを待つ。

実際爽やかですよ、酒を飲まない人は。

酒を飲んでいませんからね。

そして私たちも「飲まない人」になるべきなんです。

あえて理由を伝える必要はありませんね?

スポンサーリンク

飲まない人を余所目に酒を浴びる

私の飲酒時代のことです。

私は大酒飲みの側でした。

飲み会などでは大量に飲むのが決まりですから(私が勝手に決めている)、飲まない方々の冷たい視線など効かないのです。

飲まない人は、私のことをこう思っていたということです↓

「う、うわぁ〜。よくそんな飲めるな。ヤバイな、アル中やろ?」

職場の先輩が、実際そう思っていたと教えてくれましたw

スポンサーリンク

飲まなくても爽やかでない人はいるけれど…

飲まない方が良い理由は爽やかになるためではないですよ。

飲まない人側になるべき理由も爽やかになるためではないですよ。

断酒するべき理由、それは自らの幸福のためです。

飲まない人は幸福人生を歩んでいるんです。

見て下さい、飲み会に参加してる飲まない人たちの明日を考え行動している姿を。

飲まない人が終電を逃すなんてあり得ませんよ?

スポンサーリンク

飲まない人で爽やかに快適に!

「飲まない人」になりましょう。

飲まない人って思われるの最高に快感ですよ。

私はもう酒飲みイメージが強すぎて「酒をやめた」というと驚かれるだけで、あんまり気持ち良くないんですw

こうやって初対面の方に早く言いたいですよ↓

「お酒は飲まれるんですか?」

「一切飲めません(ドヤ顔)」

断酒応援しています。

コメント

  1. とりやま より:

    こんにちは、ご無沙汰してます。
    酒をやめて2年程経った頃に、かつて共に飲んだくれた友人に会いました。
    飲むわ飲むわでそんなに飲んだら病気になるよと心配になりましたが、かつて共に同じ位飲んでいた自分が注意するのもおかしな話ですから黙っていました。
    そしてとても気が合うと感じていたその友人は私の感心を他所に自分の話を喋りまくり、酒で楽しいと錯覚していた面があるなと気付きました。要するにあまり楽しくなかったのです。

    今は日々の生活が飲んだくれ時代よりも楽しいものになっています。

    • 星ハジメ 星ハジメ より:

      こんにちは😃
      お久しぶりです。
      またコメント頂けて本当に嬉しいです。
      ありがとうございます。
      ご友人との再会、あまり楽しくなかったという事で、その状況が鮮明に頭に浮かびます😅
      酒を飲んでの付き合いは幻かもしれませんね。
      私も飲酒時代の友人と酒を介して会うと、つまらないと思うと思います。
      やっぱり酒なしで新たな出会いに期待ですね!

タイトルとURLをコピーしました