自分の事は自分が一番関心があるのです

こんにちは、星ハジメです。

「毎日飲むのをやめたいな、だって健康にも悪いし、何より酒の影響で環境も悪くなった。このまま飲んでいてこの先希望が見えない」

こうやって思うのは正真正銘の自分なんです。

そして、上記の気持ちを持っていても、飲酒をしてしまう自分をじっと見ている自分も存在するのです。

こちらも正真正銘の自分なのです。

思考と行動が合っていない、つまり自分を騙す行動を続けると、どんどん自己肯定感が薄れていきます。

自分に自信が持てなくなるのです。

スポンサーリンク

内と外の目

内:思考する自分
外:行動する自分

このように私たちは自らを自らで見ています。

そして自らが自らを評価しているのです。

「これは◯だ。これは×だ。これは△だ」

内と外が一致した時、何とも言えない快感を感じるのは、その自己評価のためです。

今日酒を飲まなかったら快感ですよね?

スポンサーリンク

言動の不一致

例えば酒を飲まないと決めても飲んでしまった場合、これは内と外が合っていないのです。

自己評価が発動します。

「これは×だ」

そうすると「やっぱり俺はダメだ、飲んでしまう…」となるのです。

スポンサーリンク

ストイック過ぎると疲れますが…

快感よりも不快が好きな方はいません。

断酒に関して自己評価の結果、飲まなかったら快感、飲んだら不快になるのです。

内と外が一致すると自己肯定感、つまり自信がつきます。

その自信が私たちを変えていくのです。

言動を一致させましょう。

ですが私たちは人間です。

時には言動不一致する事なんてザラですよ。

力を入れ過ぎず行きましょう。

楽園へ向かうのに力んだって仕方ありません。

スポンサーリンク

未来が見ていますよ

今日飲まない自分を内の自分が笑顔で見ています。

そして、その自分を未来の自分が嬉しそうに見ています。

今日は明日へとつながっていく。

断酒が未来を変えるのです。

断酒応援しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました