同じ行動のくり返しがさらに自分をその行動に結びつける

こんにちは、星ハジメです。

私たちは「飲むべきか」、「飲まざるべきか」という葛藤を抱えています。

そして、その葛藤は私たちに苦しみを与えるのです。

「飲みたい…。でも断酒すると決めたしな…。

何もかも忘れて飲んだら楽になれるかな?」

そうして飲んだ結果、さらに飲酒行為へ強く結びつくのです。

行動のくり返しは、その行動を強化していきます。

それが飲酒習慣なのです。

スポンサーリンク

葛藤を打ち消したのは誰?

「飲みたい、でも飲んだらダメだ。飲んだら楽になるかも?ちょっとだけ飲むか」

そうして「飲みたい」「飲まない」の葛藤を打ち消したわけです。

葛藤する苦しみを打ち消したのです。

飲酒をする事で一時苦しみを打ち消したのです。

すると葛藤を打ち消した安堵感から、さらに飲酒へと強く傾倒するのです。

そうして、それをくり返していると飲酒という行為が神格化さえされるのです。

神聖な飲酒習慣となるのです。

スポンサーリンク

おなじみの事をすると安心する

私たちは馴染みのことをすると安心しますよね。

それは結果を知っているからです。

こうすれば、こういう結果が訪れる。

こうすれば、こういう気分の変化をもたらす。

酒を渇望するのは、飲酒が幻想の快楽を与えてくれるのを絶対的に信頼しているからです。

スポンサーリンク

飲酒が苦しみだと分かっても飲む

もはや飲酒が幻想の快楽すら与えてくれず、苦しみしか与えないとなっても飲まざるを得ないという状態になります。

それが飲酒、つまり酒の効果を信頼した結果なのです。

酒が確実に気分の変化をもたらしてくれると信じ、飲酒をくり返したため最大に行動が強化さているのです。

そのため酒をやめたくてもやめられないのです。

スポンサーリンク

良い方向へ行動を強化する

しかし、基本的に行動の強化は当人は無意識です。

気づいていないのです。

気づきは最大の武器です。

今日皆様の行動を見返してみて、負の行動のくり返しを打ち消しましょう。

知っているのと知らないのとでは思考が違います。

そして、正の行動のくり返しをしましょう。

断酒の日々をくり返すのです。

強く強く最大限断酒を信じるのです。

断酒応援しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました