酒がある状態が通常になっていた

こんにちは、星ハジメです。

断酒すると不眠、便秘、気持ちの落ち込み、などなど様々な症状が現れます。

そんな時、断酒したのにこんなに不愉快なんて最悪と思うでしょう。

でもそれは、今までの異常体から正常体に戻ろうとしているのです。

憂鬱な気持ちは断酒初期だけです。

私たちの正常は酒のない状態なのですから。

酒がある状態が通常になっていた

離脱症状。

断酒をするとつらい離脱症状が襲います。

それは今まで酒を体内に入れていたのが普通になっていたためです。

いきなり酒を断つのですから、今まであった酒がなくなり脳が酒を求めているのです。

「酒を入れよ!今すぐに酒を供給せよ!」

こういう信号を強烈に発するのです。

その信号のサイレンが私たちの心をつんざくのです。

酒を飲む夜が通常になっていた

何も一日中酒を飲んでいた、という方ばかりではないでしょう。

仕事終わりの酒を何よりも楽しみにしていたという方も多数いるはず。

私もその一人でした。

一日中酒を渇望するというわけでなくても、夕方になると酒を渇望するという事は「酒ありの夜」が通常になっていると言う事です。

  • 酒が体内にあるのが通常
  • 夜に酒を飲むのが通常

どちらも同じなのです。

どちらも酒の依存なのです。

変えなければいけない異常事態なのです。

いつかは断たなければいけない飲酒

ずっと異常事態ではいられません。

そんなの心が耐えられません。

異常を生きるのはつらいです。

無理しなければいけませんからね。

ですが、酒を飲み続けている限りその異常事態は続くのです。

そして、飲む期間が長ければ長いほど異常事態は深刻になっていくのです。

今日今から飲酒をやめるべきなのです。

飲まない日々を通常にしましょう

酒がない状態にしましょう。

それが私たちの正常なのです。

正常でいると可能性が広がります。

だって無理をすることに力を割かなくて良いですから。

断酒初期の離脱症状は異常事態からの脱出劇なのです。

あと少し断酒を継続した先には正常な生活が待っています。

断酒応援しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました