「なぜ?」が断酒に引き戻す

こんにちは、星ハジメです。

皆様はなぜ断酒をするのでしょうか?

なぜ断酒をしようと思ったのでしょうか?

その答えは皆様各人によって異なるなずです。

断酒に挫けそうな時「なぜ断酒をするのか?」自問しましょう。

その答えが強力に断酒へ引き戻してくれるはずです。

飲まない自分を望んだから

私が断酒をした理由は「飲まない自分を望んだから」です。

皆様にも皆様の理由があるはずです。

私は断酒初期の飲酒欲求が襲ってきた時、「なぜ断酒をするのか?」これを自問しました。

飲酒欲求で苦しい中必死に自問しましたよw

「飲みたい、飲みたい、飲みたい…。でも俺は何で断酒しているんだ?」

「俺は酒をやめたいんだ。酒とは決別したいんだ。飲むわけにはいかない」

そうして飲まなかった時私の思いと行動が一致して本当に快感を感じるのです。

「なぜ?」を問いかけてその答えと言動を一致させましょう。

それは私たちに快感を伴う強力な断酒原動力をもたらします。

飲んでしまったと落胆する

とはいえ私も飲酒欲求に負け、飲んでしまった事は数知れず^_^;

そんな時すごく落胆しますよね。

「飲んでしまったなぁ、やっぱり俺は酒やめることができないんだな…」

こうやって落胆し自らの自信までもなくすのです。

それは自分の思惑と言動が一致していないからです。

  • 飲まないと決めた自分
  • 飲んでしまった自分

飲まないと決めたのに飲んでしまったという現場を「飲まないと決めた自分」がじっと見ているのです。

「決めたことができなかった」、この繰り返しが自らへの自信を削ぎ落とすのです。

「なぜ?」でも引き戻されない場合

「なぜ?」で断酒へと引き戻されない時はどうするのか?

そのまま飲んでいいという事はありませんね。

こう考えてみてください。
「なぜ飲むのか?」

  • 気持ち良くなりたい
  • 楽になりたい
  • 毎日なくてはならない儀式
  • 飲まずにはいられない

そして飲んだ結果、

  • 気持ち良くなりましたか?
  • 楽になりましたか?
  • 飲酒は必要ですか?
  • 飲まずにはいられないまでに拘束されるのは苦しくないですか?

飲んだところで思惑と行動の結果が不一致を起こしているのです。

飲めば飲むほど私たちは落胆し自信を失っていくのです。

飲酒に期待した結果が得られない以上、飲酒を続けるのは無意味なのです。

本当に望むものは酒ではなく自らの幸福なのです

さあ、断酒をしましょう!

飲まないと決めて実際飲まない日々は最高に幸せですよ。

断酒の先には幸福が待ち受けています。

今日も幸せに向かって歩いていきましょう。

断酒応援しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました