深夜の悪夢

こんにちは。

断酒応援しています。

飲酒時代、酩酊して眠り深夜目が覚めた時、それはまさに悪夢でした。

気分のジェットコースター

私の飲酒時代、次の日仕事で憂鬱な時、飲酒して眠っていました。

飲酒時だけは憂鬱が紛れるのです。

そして、そのまま就寝するのです。

夜中目が覚めると、紛れていた憂鬱が巨大化して襲ってくるのです。

心臓は動悸がして、汗が滝のように流れます。

布団の中で歯を食いしばり憂鬱に耐えます。

そして朝を迎えるのです。

朝はさらに憂鬱が巨大化しています。

甘くみないで下さい

この気分の激しい上下は危険です。

飲酒前:憂鬱
飲酒時:楽しい?
飲酒終了:訳がわからない
覚醒時:超憂鬱
出勤時:地獄

不自然な人工的な気分変化は本当に危険です。

鬱症状を発症します。

飲酒は危険な行為ですよ。

私たち異常飲酒者には。

断酒後は普通に悪夢

さて、お酒をやめたらどうなる?

お話ししましょう。

次の日憂鬱な時は、普通に悪夢です。

「なんだ、飲酒時と一緒じゃん」と思われるはずです。

しかし、「普通に」がミソなのです。

気分の変動が自然なのです。

緩やかな気分変動ならば人間は耐えられるのです。

地に落ちるにしても、羽を落としたようにゆっくり地面に落ちれば良いのです。

何とかなるさ

つまり、お酒さえ飲んでいなければ何とかなるのです。

本当ですよ。

逆にお酒を飲んでいたら何ともなりません。

本当のことなので何度もお伝えしています。

私が実体験しています。

真実なのです。

お酒をやめて自然な気分と付き合いましょう。

そうしていれば心身ともに回復していきます。

また歩いていく事ができますよ。

断酒応援しています。

コメント

  1. とりやま より:

    私は夜中に目が覚めて不安感に襲われた時は、更に飲んでいました。
    朝は死にたい気分で起きてました。
    今は爽快な目覚めです。寝るときは5分とかからずに眠りに落ちます。

  2. 星ハジメ より:

    >>1
    何でわざわざ自分を苦しめる選択をしていたのか😅
    飲酒がストレス発散と誤認識していたからです。今はそう言えますが当時は分からなかったです。酒はストレスの起爆剤、ストレス発散にはなりません😅世の中間違った認識が蔓延しています。

タイトルとURLをコピーしました