疲れたら休むという必須条件

こんにちは。

断酒応援しています。

疲れを感じたら休みましょう。

次の活力を復活させるために。

断酒後の挑戦で少し疲れました

私は断酒後の生活に焦点を当てて発信しています。

断酒後にどうやって生きていくか?

断酒したらおしまいではありません。

断酒後こそ本番なのです。

そんな私も発信活動、趣味、自己成長に挑戦しています。

実際にはしていませんが、心の中では目をギラギラさせて猛進しています。

ですが、最近疲れてきましたw

やはり人間ですので、ずっと目がギラギラという訳にはいかないですようです。

疲れていると抵抗できません

疲れは意思力を弱めます。

疲れていると目の前の欲求に抵抗できません。

人間はそういうようにできています。

疲れたら暴飲暴食してしまう。

甘いものを過食してしまう。

または飲酒してしまう。

これは人間の脳の働きとして当然の事なのです。

そうならないためにも、忍耐力、活力を復活させ、また向上させる休息は絶対に必須なのです。

休まなければいけないのです。

休む時間も挑戦時間と捉える

休まなければいけないと分かっていても、休むことに抵抗を感じる方もおられます。

ちなみに私は抵抗を感じません。

休めるならば、どれだけでも休んでいたい派です。

それはさて置き、休むことに抵抗を感じるのならば休む時間も挑戦時間と捉えるのです。

休んでいる時間が次の挑戦を成功させるのです。

体と心が疲れたら休みましょう。

あなたが復活したと感じるまで。

私たちは生身の人間

機械ではないのです。

私たちは様々な考え、悩み、誘惑、雑念…これらを受け止め生きているのです。

機械の情報処理よりも負担がかかっているのです。

休まなければフリーズするのは必須。

断酒挑戦に疲れているのならば、次の挑戦まで心ゆくまで休みましょう。

休む条件を一つ挙げさせてください。

それは「次も必ず挑戦すること」です。

断酒応援しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました