断酒の刑に処す

あなたは一生お酒が飲めません。

何があろうと飲めません。

これからも楽しいこと、嬉しいこと、悲しいこと、辛いこと、苦しいこと、たくさんたくさんあると思います。

しかし絶対に飲めません。

飲んではいけません。

飲ませません。

飲んではいけないという罰です。

終身断酒の刑に処します。

いいですね、お酒はもう飲めません。

最後に何か言い残した事はありますか?

 

 

「私が一生お酒飲めない?わっはっは。またまた、そんなことできる訳ないじゃないですか。

だって何かあったらお酒が一緒なんです。何かなくてもお酒と一緒なんです。

お酒無くしてどうやって生きていけと?わっはっは。

例えば今日良いことがあったとするじゃないですか。

すると、その良いことを思い出しながらお酒を飲むんです。

とっても良い気分なんですよ?飲まないと良い気分が1/20くらいになっちゃうんですよ?

飲まないと逆に暗い気分になっちゃうんですよ?

悲しいこと苦しいことも同じです。お酒飲みながら、たそがれるんです。

何も解決してないですけどいいんです。私にはお酒があるんですから。

他には何も望みません。私は欲が少ないんです。お酒さえあればいいんですよ。

今まで何度も何度も、お酒は私を助けてくれましたよ。

酔っ払って転んでズボンが破れて傷口がパッカリあいて血がドロドロ出ても、あんまり痛みを感じないようにしてくれました。

それにこの前なんかは記憶を無くしてくれたんです。

たぶん、お店でお酒を飲んでいた時だと思います。

私が酔っ払って、ものすごく恥ずかしいことをしてしまったんだと推測しますが、なんと!!!記憶がないんです!!すごくないですか!?

多少まずい事をしたかなという思いもありますが、お酒飲んでいるから、みんな大目に見てくれているでしょう。

こんなに私を助けてくれる、いつもこんな私に寄り添ってくれるお酒を私は愛しています。

お酒と離れ離れになるなんて考えただけで身が潰される思いです。

そもそも、なぜ私に断酒の刑が処されるのでしょう?納得いきません。

刑に処される筋合いがありません。やめてください。私からお酒をとらないでください」

 

 

あなたが断酒の刑に処される理由は、その思考ですよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました