深夜勤務

こんにちは。

断酒応援しています。

私は2016年8月〜2018年3月まで1時から10時までがデフォルトの深夜勤務をしていました。

辛かったです笑

深夜に働くのはとても辛い

仕事内容は伏せさせて頂きますが、深夜に稼働する新規プロジェクトの開設者の一人として私も深夜勤務をした訳です。

↑文字に書くと何ともカッコいいですねw

それは置いておいて、深夜勤務はやはり辛いです。

体も心も。

人間はお日様と共に生活するのが合っているのだと実感したものでした。

飲む時間の心配

深夜勤務をしたのは生まれて初めてでした。

そんな初めての体験をするにあたり私が心配したこと、それは…飲む時間の心配でした。

ここでも飲酒脳が炸裂します。

仕事の心配ではなく飲む心配なのです。

「何時に飲もうかな?朝帰ってきて11時くらいから飲むか??

これから18時に寝て0時に起床するから、それに合わせて飲酒時間を決めなければいけない。

じっくり考えよう」

無茶苦茶な生活

深夜勤務している時は、私は一人暮らしでした。

丁度妻が妊娠していて実家に帰省していたのです。

そんな私の生活はこうでした。

  • 0時起床
  • 1時出勤
  • 10時退勤
  • 10時買い出し
  • 11時帰宅、お風呂
  • 12時飲酒開始
  • 17時飲酒終了
  • 18時就寝
  • とても浅い睡眠で何度も起きる

仕事と飲酒と睡眠だけです。

食事は飲酒時の一食だけ。

それも、たっぷり飲酒してシメのどか食いです。

食べ物もインスタント中心、だんだんと私の心身は深夜の闇に侵食されていったのです。

心身の調子が悪い原因は…

当時私は心と体の調子が悪かったです。

その原因は深夜勤務だと決めつけていました。

深夜勤務も原因の一つではありますが、やはり飲酒が主たる原因です。

私は深夜勤務がとても辛かったです。

そんな辛い状態を、飲酒でさらに辛い状態にさせていたのです。

今の私だから言えることです。

当時の私は分からなかったです。

飲酒が深夜勤務の救世主になると本気で思っていましたから。

もし仮に、また異動になり深夜勤務になったとしたら以前の10分の1のパワーでこなせそうです笑

いや絶対こなせるでしょう。

あの当時の私と比べ格段にレベルが上がっています。

もう深夜勤務は嫌ですけどね笑

断酒してレベルアップして人生の困難をなぎ倒していきましょう。

断酒応援しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました