私は飲まないんですよ

こんにちは。

断酒応援しています。

「私は飲まないんですよ」こう言うと快感ですよ。

お酒飲む?

雑談中に話のネタとしてたまに聞かれませんか?

「お酒飲むんですか?」

「酒飲むの?」

話のネタとしては最高ですね。

飲みそうでない人が飲むと言うと意外な感じで親近感が湧きますし、いかにも飲みそうな人が飲めないと言うとそれはそれで親近感が湧きます。

そんな話のネタとして話をふられた時、以前の私は当然こう答えました。↓

「酒大好き!飲みますよ!」

今の私はこうです。↓

「酒は飲まないんですよ」

これって結構快感なんですよw

私たちは一周回って飲まない

なぜ快感を感じるのか?

だって私は酒をしこたま飲んだ訳です。

そんな私が今は自らの意思力によって酒を飲まない最適最良な選択をしている訳です。

自らの人生を自らがコントロールしているという感覚。

その感覚を口に出すのです。

「私は酒飲まないんですよ」

この快感は病みつきになります。

でも気を付けて!

私は異常飲酒者という事です。

今は飲まない人生を掴んでいますが、異常飲酒の過去があったのです。

「お酒飲むんですか?」「酒飲むの?」

こう聞いてきた方々とは酒飲みレベルが違いすぎるのです。

もちろん悪い意味で。

快感はひっそりと一人で感じる事にしています。

そして酒に隙を見せないように気を付けています。

飲まないが一周回ったら?

無です。

酒に対して本当に無関心です。

飲まない自分に快感を感じる事もありません。

断酒しているという感覚もありません。

そこにあるのは酒の世界とは全く別の価値観に埋め尽くされた現実の世界です。

私は酒の幻想世界ではなく自らの人生を生きているのです。

断酒しなければ今も幻想に囚われ苦しみ、自由を奪われていたでしょう。

やっぱり酒はいりませんよ。

断酒応援しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました