虚しいな…

こんにちは。

断酒応援しています。

私の飲酒時代の末期にはとてつもない虚しさを感じていました。

逆にそれがよかったのでしょう。

飲酒ルーティーン

「今日も飲む」

20代前半には飲酒は確かに楽しいものでした。

仕事で疲れて帰ってきて飲む一杯は美味しく感じたものです。

酒による浸食が進んでいないので心も体も楽でした。

ですが私たちは生き物です。

歳を取るのです。

歳を取れば様々な不具合が生じてきます。

飲酒を続けていれば自身の浸食は深く深くなっていくのです。

そして、その浸食が酒しか通らない渓谷となって貴方を孤立させていくのです。

もう楽しくない

いつからか飲んでいて楽しくないのです。

楽しいから飲んでいるわけではないのですが、飲まないといられないのです。

人生が進むにつれ、酒を飲んでいる状況がたまらなく虚しいのです。

飲んでも楽しくない。

何も出来ない。

何も楽しめない。

何も有意義に過ごせない。

何も得るものがない。

飲酒は20代だけの特権だったのでしょうか笑?

30代以降の飲酒は時間を無駄にするだけです。

他にやるべき事がたくさんあるはずです。

断酒という生産性

今夜の晩酌をやめてみましょう。

今夜飲んでも、いつもと変わらない虚しさが襲ってくるだけです。

今夜飲まないと、いつもと違う刺激が感じられますよ。

飲まないその日が希望なのです。

目の前が暗闇でも貴方の未来は黄金に輝いているのです。

断酒したらどれだけものが生み出せるか、楽しみになりませんか?

飲酒していたら一生何も生み出せません。

待っています

飲酒をやめて深い渓谷から帰ってくる貴方を待っています。

周りは暗く寂しいですが、その森を抜ければ明るい希望の町があります。

そこには本当の貴方が貴方を待っています。

断酒応援しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました