飲んでいたら一人ぼっちになる

こんにちは。

断酒応援しています。

飲酒習慣に溺れている間、社会、世界は回っています。

貴方は飲酒習慣の牢獄で一人ぼっちです。

飲酒習慣の牢獄

毎日飲む、飲まないといられない。

これを飲酒習慣の牢獄と言います。

この牢獄では酒の渇望以外興味が沸かなくなります。

自らが本来持っていた活力、魅力全て失われていきます。

酒しかない人生。

こう誤認識させるのです。

そうした牢獄にいると世界との関わりがなくなります。

毎日、夜になれば飲酒習慣の牢獄で過ごす。

その中では、自らの凝り固まった考えで自らの世界に閉じこもります。

社会のニュースにも関心がありません。

「私には関係のない事だ。私には酒があるから関係ない。ずっと飲んで生きていくから大丈夫」

意味不明な主義主張を自らの中で確立するのです。

そう、貴方は飲酒習慣の牢獄で誰とも関わらず、社会から断絶され一人ぼっちなのです。

社会との関わり

社会と関わって生きていく。

私たち人間はそうやって生きてくのです。

それは本当に面倒でもあり楽しくもあるのです。

私たちは一人では生きられません。

飲酒習慣の牢獄にいては生きていけないのです。

断酒して牢獄を出ましょう。

貴方の居場所はそこではありません。

やっぱり一人は寂しい

「人間なんて大っ嫌い。私は一人で生きていきたい。関わりたくない」

こう言った気持ちは私には少なからずあります笑

ですが実際一人ぼっちは寂しいですね。

耐えられませんよ。

シラフで社会との関わりを持ちつつ自らの軸で生きていくのです。

そうしたら煩わしいしがらみなんて捨て去る事ができますよ。

シラフならば無敵なのです。

納得できる人生を!

断酒して自らが納得できる人生にしていきましょう。

誰のためでもありません。

自分自身のためなのです。

私の人生、私が納得できれば良いのです。

シラフで人生の舞台で最高なパフォーマンスを発揮しましょう。

その舞台には一人ぼっちよりもお客さんがいた方が良いですよね?

シラフで生きる、断酒最大の意義なのです。

断酒応援しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました