断酒と飲酒の価値観

こんにちは、星ハジメです。

私は飲酒時代、ピザとサイドメニューとビール、この組み合わせが最高に好きだったのです。

このために仕事をしていたと言っても過言ではありませんでした。

楽しみなんだよ!

いや〜、本当に楽しみでした笑

休みの前日には楽しみにしていたピザ。

もちろんお金がもちませんので毎回という訳ではありません。

ここぞという時にはピザを頼むのです。

このピザは私に幸福を宅配して頂きました。

本当に本当にお世話になりました。

極限にまで空腹にし、喉もカラカラにする。

そこに流し込む冷えたビール。

そしてつまむサイドメニュー。

横目にはピザのLサイズ。

明日はお休みという布陣。

何もかもが最高と思ったのです。

今は??

ピザもビールもサイドメニューも飲食しません。

そして残念でもありません。

むしろ、お金が節約できてラッキーと思っています。

あれだけ楽しみにしていた飲食がなくなっても全く悲しくもなければ、残念でもないのです。

飲酒時の価値観とは180度変わる。

それが断酒というものなのです。

何が楽しいの?

ピザもビールも飲食しないで一体何が楽しいのだ?

私はピザでしたが、皆さんにも飲酒のとっておきがあるでしょう。

それがなくなってしまうという事は絶望を感じるのですよね。

心配はご無用です。

何度もお伝えしています。

飲酒時に価値があったものは断酒すれば崩れ去ります。

断言します。

今飲酒のために必死に守ろうとしているものは全く価値がなくなります。

それが断酒なのです。

酒のために生きるという絶望

現在、私はここぞという時には、じっくり気分の昂揚を楽しみます。

「わぁ〜、明日休みだ。やった〜」

こう言った具合に楽しみます。

酒などいらないのです。

ピザは大好きですけれど、ピザもいりません。

なんと最高な事だと思いませんか?

断酒すれば時間もお金も身体も使わず、満足する事が出来るのです。

酒が生きがいな訳がありません。

己への挑戦が生きがいなのです。

断酒応援しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました