やる気というものはない

こんにちは、星ハジメです。

「今日はやる気がないな…何となくやる気がでない」

こんな風に思うことってありますよね。

その「やる気」とは一体どんなものなのでしょう。

やる気はない

やる気というものはありません。

やる気とは湧いてきたり、また消滅するようなものではないのです。

やる気があるというように見える時には、本来備わっている自らの欲求を満たし得ると判断した場合に、やる気があるという状態になるのです。

つまり、やる気があるという時は己の欲求が満たされそうという期待がある時なのです。

逆にその期待が全くない時には、やる気がないように見えるのです。

やる気ではなく欲求の条件に見合っているかどうか、ということなのです。

では、その欲求とは何か?

  • 関係性
  • 自主性
  • 熟練

この三つの中で一つでも当てはまる時、やる気がみなぎっていると言われるのです。

断酒で考えてみましょう。

関係性

大切にしている目標につながる事象である事。

断酒につながる事ならば、やる気が出る状態という事です。

この行動やこの講習は自らの断酒成功につながる事だと認識した場合やる気状態になるのです。

これを関係性といいます。

自主性

自らとった行動が自らの大切な目標に一致している事。

自らの意思で人生を左右できるという状態。

断酒をコントロールできると、やる気が出ている状態という事です。

断酒は日に日にコントロールできますから、やる気はどんどん出てくる訳です。

これを自主性といいます。

熟練

目標に向かって取り組んでいる事に対して個人的に満足できる成長や上達がある事。

日々取り組んでいる事が日々上手くいくようになると、やる気がある状態になるという事です。

断酒は日々熟練してきますから、まさに最適です。

これを熟練といいます。

条件を見つけましょう

やる気がある、ないではないのです。

もし仮に断酒のモチベーションが下がった時、三つの条件を断酒生活の中で見つけ出し取り入れましょう。

断酒をするということは三つの条件全てに当てはまっています。

一つでも当てはまれば、やる気があるという状態なのです。

三つ全て当てはまっている断酒は幸福さえ感じることなのです。

やる気ではなく、自らの本来の欲求を満たす条件を探し出し、進んでいきましょう。

断酒応援しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました