自分にとって酒の価値はおいくら?

こんにちは、星ハジメです。

自らにとって価値のあることならば金を惜しまないはずです。

自らが欲しいと思っているのですから「高っけーな」と思うことはありません。

自らが納得して金を出すのです。

過去の私は酒に価値を見出していました。

今の私は酒に価値を見出せません。

今の私にとって酒は0円でも高いのです。

酒代が無駄すぎた…

今の私はお昼におにぎりを買うのも勿体無いと思うのです(^^;

「米は家にあるしなぁ。わざわざ買いたくないな」

ただのケチとも言えますがw

おにぎり代100円でさえ躊躇するのです。

それが飲酒時代は毎日、酒代を湯水のように支払っていたのです。

当時払っていた大切なお金を思うと悔みすぎて泣けてきますよ。

過去の私は毎日1,000円コース

飲酒時代は平均して毎日1,000円は使っていたでしょう。

酒代だけで1,000円ですからね。

他のつまみやらご飯を入れたら、もっとかかっていたでしょう。

もったいないですね、もったいないですね、もったいないですねT_T

でも当時は酒が私にとって価値のあることであったので仕方ないのです。

酒代は惜しむことなく自らのご褒美として支払っていたのです。

気付きがないと分からない

断酒した今ではそんな感情は考えられません。

破滅をもたらす酒に金を払うなんて出来るわけがないのです。

気付かないと本当にもったいないですよ。

お金を払って負を買うのはやめましょう。

その酒は私たちには負の作用しかもたらしません。

浮いたお金を貯めておきましょう!

断酒して浮いた酒代は貯めておきましょう。

毎日1,000円づつ貯めていったら1年で365,000円ですよ!

なんという幸福でしょうか!

皆様、お金大好きですよね?

断酒するとやはり人生幸福になるのですね。

断酒応援しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました