アルコール過剰摂取が引き起こす膵炎の恐怖

こんにちは、星ハジメです。

酒を日常的に飲んでいた私たちは健康面において高リスクをとっていたのです。

そのリスクが表面化し襲いかかってきた時、果たして私たちは耐えられたでしょうか?

その狂気の牙によって引き裂かれていた事でしょう。

酒を飲むと言うことはリスクを蓄積していくという事です。

酒害の認識を自身に刻印していきましょう。

スポンサーリンク

膵炎

酒飲みに関係が深い臓器に肝臓と膵臓があります。

沈黙の臓器と言われていますね。

相当に症状が悪化しないと損傷が表面化してこないのです。

今回はそんな沈黙の臓器「膵臓」におけるアルコールの影響をご紹介いたします。

膵臓の機能

膵臓の主な機能は2つあります。

  • タンパク質、脂質、糖質を消化する酵素を分泌する機能
  • インスリンやグルカゴンといった血糖値のコントロールに寄与するホルモンを分泌する機能

何だか難しいですが、膵臓は私たちにとって非常に重要な臓器だという事です。

まあ、当たり前ですけどね。

膵炎

そして膵炎とは膵臓に炎症が起きた状態のことです。

さらに急性炎症が起きると、上腹部や背中などに激しい痛みや吐き気などの自覚症状が伴います。

膵炎には慢性膵炎と急性膵炎があります。

慢性膵炎とは長年の常習的な飲酒習慣によって慢性的に膵臓に炎症が起きている状態のことです。

そして飲み会などで飲酒量が増える日々がしばらく続くとアルコールが引き金となり急性膵炎を発症するのです。

膵炎になる要因

膵炎になる要因として、タンパク質を分解する「トリプシン」という消化酵素を含む膵液の分泌異常によるものです。

アルコールなど様々な原因でこのトリプシンが膵臓の中で活性化し、膵臓を自己消化してしまうのです。

つまり膵臓を自ら溶かしてしまうということです。

さらに重症急性膵炎では、膵臓が広範囲に壊死することで大量の活性物質が全身に放出され、多臓器不全に至り、最悪な場合は死亡することもあるのです。

スポンサーリンク

膵炎のリスクはエタノールの蓄積で上がる

膵炎になるのはアルコールだけが原因ではありません。

しかしアルコールが膵炎の主たる原因であるという事実は覆せません。

日々アルコールが欠かせなかった私たちと膵炎は切り離せない関係であったのです。

そして膵炎は今まで飲んできたエタノールの蓄積で発症リスクが上がります。

純アルコール換算で毎日80グラムの量をおよそ10年間飲み続けていると高リスクとなります。

純アルコール80グラムとは、日本酒なら4合、ビールなら中瓶4本程度です。

これくらいなら毎日軽く飲んでいたましたよね(^^;

スポンサーリンク

一度ダメージを受けた膵臓の再生は困難

また一度膵炎を発症すると現代の医療を持ってしても治療が難しいのです。

それは物理的に膵臓が見えないからです。

物理的に見えない肺などは医療機器の進歩もあり、かなり精密な検査が可能です。

しかし膵臓においては現状、採血で数値を評価する程度なのです。

そして、膵臓は肝臓と異なり再生機能を有していません。

そのため一度壊れた膵臓は元には戻らないのです。

スポンサーリンク

酒は私たちから命を奪うのです

酒を飲めば私たちは破滅する。

それは人生においても身体においても言えることなのです。

膵炎などは酒の蓄積によって発症するのです。

これこそ破滅の蓄積と言わずして何と言いましょう?

酒は怖い。

私たちにとっては酒が悪でしかないのです。

酒害を確実に認識し断酒を進めていきましょう。

断酒応援しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました