酒を飲むとき何が起きているのか?

こんにちは、星ハジメです。

酒を口から摂取したら体の中でどのような事が起きているのかご紹介いたします。

楽しい飲酒は実は危険がいっぱいの行為なのです。

酒害を私たちの心に刻印しなければなりません。

私たちの幸福人生のために。

スポンサーリンク

胃から20% 小腸から80%吸収される

飲酒によって体内に摂取されたアルコールのほとんどは、食べ物とは異なり消化されることなく胃から20%、残りの80%が小腸上部から吸収されます。

このとき、胃に食べ物が多く入っていると、消化酵素を十分に活かすために小腸への出口(幽門)が閉じられ、結果的にアルコールの分解に時間をかけることができます。

空腹時に飲酒をするとこのしくみが働かないので、アルコールがすぐに小腸へ流れていき、より酔いやすくなります。

引用:今すぐ始めるアルコール依存症治療
著者:樋口進

そして体に入ったアルコールは1時間から2時間ほどで吸収され、血液に乗って肝臓を経て全身へと巡り巡るのです。

そう、まさに絶望の洪水のように。

スポンサーリンク

肝臓で第二段階のアルコール分解

血液に乗ってアルコールが肝臓に達すると肝臓がアルコールを無害化するのです。

これをアルコール代謝と呼びます。

アルコール代謝には2段階あります。

第一段階

アルコール脱水素酵素がアルコールの成分エタノールを分解してアセトアルデヒドを生産します。

このアセトアルデヒドはアルコールよりも有害です。

害は以下です。

  • 顔面紅潮
  • 心拍数増加
  • 頭痛
  • 発がん性

またアルコール脱水素酵素は年齢とともに衰えます。

高齢になるほどアルコールを分解する能力は低下し、酒に酔いやすくなるのです。

第二段階

生産されたアセトアルデヒドを害のない酢酸に分解します。

このとき働くのがアセトアルデヒド脱水素酵素です。

そしてこの酢酸は血液により全身を回り、水と二酸化炭素に分解され、汗や尿、呼気中に含まれて体外に排出されるのです。

スポンサーリンク

アセトアルデヒド脱水素酵素の働きが弱いと…

飲んだ次の日の地獄の二日酔いを伴います。

そして少量の飲酒でも顔が赤くなったり、動悸や頭痛を起こす人にはアセトアルデヒド脱水素酵素が全く働いていない可能性が高いのです。

つまり酒に弱い人が酒を飲むということは自死に近いということです。

さらにアルコールは死をもたらす毒物だということです。

スポンサーリンク

つまり酒は害そのもの

アルコールを分解する酵素がよく働くからといって酒が無害ということはありません。

酒を飲んでアルコール代謝をしている間、ずっとアセトアルデヒドの毒性にさらされ続けているのですから。

高濃度の放射線物質を大切に抱え続けているのと何ら変わりません。

酒は紛れもなく害なのです。

酒を飲むとき私たちの身体には悲しい破滅が起きているのです。

断酒応援しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました