依存するということは満足を捨てるということだ

こんにちは、星ハジメです。

酒に限らず何かに依存するということは本来感じることのできたはずの満足を捨て去るということなのです。

その証拠に私も含め皆様の飲酒時代には満足することができなかったのではないですか?

「酒がない夕飯なんて満足しない」

「酒がない旅行なんて満足しない」

「酒がないカラオケなんて満足しない」

依存は本来そこにあったはずの満足を捨て去ります。

依存するということは本当にもったいないことなのです。

スポンサーリンク

依存=不満

依存すると満足する生活から遠のく事になります。

それは私が酒に溺れていた時が物語っています。

依存をすると依存の対象を渇望し、依存の対象を思うと満足し幸福感を感じるのです。

そのため依存の対象がなくなってしまうと、途端に喪失感に襲われ絶望の淵に立たされる事になるのです。

「今日から酒をやめる!でも酒が飲めない人生を考えると悲しすぎる…」

こういう事になるのですね。

スポンサーリンク

酒がない日常が楽しめない

「飲めないコース料理なんて不満」

酒に依存しているとご馳走だって満足することができません。

どんなに絶品料理を食べようが酒がないと一気に不満が襲うのです。

皆様も外食をして飲めなかったりしたら不満ではなかったですか?

それこそまさに依存=不満なのです。

スポンサーリンク

依存の対象に触れなくなったら?

断酒に踏み切る時、こう考えてみて下さい。

「酒に生活を操られていないか?」

今までは酒がなくては満足しない生活だったのです。

でも何かがなくては満足しないなんて、そんな生活は不便過ぎます。

もしいきなり依存の対象を摂取できなくなったら?

もし依存の対象を触れなくなったら?

感じれなくなったら?

依存していなければ本来感じる必要のない感情を抱え生活しなければいけないのです。

こんな足かせの付いたような生活は断ち切るべきなのです。

スポンサーリンク

本来は何もなくても満足できる

酒に限らず依存からの脱却は満足を取り戻します。

断酒してシラフの生活を送って下さい。

快適で十分に満足できる日常が皆様を包み込むことでしょう。

断酒応援しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました