酒を飲んだ過去を悔みきれないけど…

こんにちは、星ハジメです。

断酒をすると過去の飲酒を悔やみますね。

それは酒なし生活が最高に快適で生産的で効率的だからです。

「あの時から飲んでいなければ…」

こんな風に思うのは当然なのです。

私もめっちゃくちゃ悔やんでいますよ。

時には眠れないくらいに(^^;

スポンサーリンク

悔やんでもどうにもならない

分かっているのです。

悔やんでももうどうにもならないということは笑

タイムマシーンでもない限り過去へ行って自らの行動を修正するということは出来ませんからね。

飲んだ過去とそれに付随した行動結果は変える事ができないのです。

私たちにできることはただ一つ「今を酒なしで生きること」です。

悔やむのではなく、酒なしで今を生きる事こそ、私たちがするべきことなのです。

偉そうにすみません。

自戒を込めて書いています。

スポンサーリンク

無駄金を使ったなぁ…

私は過去、飲酒にいくら使ったでしょうか?

一千万円は使っていないと思いますが相当な金額を使ったはずです。

ナメクジのようにクヨクヨしますが、もったいないですね(^^;)

だって本来は丸々手元に残ったはずの金額なのですから。

加えて自らの身になるものであったなら惜しくはないですが酒代ですからね。

泣けてきます。ぴえん。

スポンサーリンク

過去は生きる事ができない

後悔をクドクド書くのはこの辺でやめておきます。

過去に執着したところで何ともなりませんからね。

その代わり酒なし生活の今を最大限有益なものに変えていけば良いのです。

過去を取り戻すくらいに変えていけば良いのです。

酒をやめて何も有益な事が実感できなくても大丈夫です。

酒やめただけで十分有益なのです。

断酒の日々は飲酒の日々を飲み込む事でしょう。

スポンサーリンク

悔やむ過去がある方が今が輝きますよ!

焦らず酒なし生活を続けましょう。

過去を悔やむ事なく平穏に毎日を過ごしましょう。

酒なしならば絶対に過去を精算できると信じて。

私はそうやって酒なし世界で生きています。

断酒応援しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました