酒なしの関係性を広げよう

こんにちは、星ハジメです。

過去飲酒していた時の私は定期的に地元の友人たちと飲み会をしていました。

楽しかったですよ。

小学校からの友人ですからね、一年に一度会うその時は少年に戻れる訳です(^^)

その時、誘っても誘っても絶対に参加してくれなかった友人がいました。

今になってわかります。

「飲み会なんて嫌だったんだな。本当にすまん」

酒なしの関係性を広げよう

飲み会に絶対に参加しなかった友人は全く酒が飲めません。

酒の匂いを嗅ぐだけで気分が悪くなるということです。

それを知っていても参加を促していたのです。

最低ですね。

飲めないのですから来たい訳ないですよね。

当時の私の気持ちとしては「飲めずとも久しぶりに会いたいから来なよ」という感じでした。

何という自己中。本当にごめんなさい。

酒のない集まりだったら相手も来たかったかもしれません。

飲めないのに飲み会なんて行きたい訳がない

私は自分が飲みたいがために人のことは考えていなかったのです。

酒ありの関係性は不自然ですよ。

だって酒がないと成立しないのですから。

その逆に酒なしの関係性は自然なのです。

本来私たちには酒など必要ないのです。

今までの関係性は酒などなく築き上げてきたのです。

酒なしの関係性こそ私たちが大切にしていくものなのです。

酒を飲まずとも楽しめる

間違いないですよ。

実際、酒を飲まなくなった今すごく楽しいですから。

飲み会へ行かなくたって寂しいなんて感情は皆無です。

むしろ「俺だけ得してんじゃん!」こんな陰険な感情を隠しきれません。

それに飲み会だけが旧友や大切な人との再会の場ではないですからね。

人同士の再会、これだけで本来十分満たされるのです。

そこに酒などいりません。

純粋な自らの感情に身を任せましょう。

喫茶店で過去の記憶を触るのも悪くない

コロナが収まったら友人たちと再会したいものです。

もちろん酒なしで。

友人たちの中で馬鹿みたいに酒を浴びるのは私だけでしたから酒なしで問題ありません。

久しぶりの再会は喫茶店でのんびりと少年時代の思い出にでも浸りましょうか。

断酒応援しています。

コメント

  1. まっさん より:

    飲みながらのコメント御容赦下さいm(_ _)mいつもYouTubeはじめ拝見させていただいてるものです。いつもいつも感心しながら見てます…このコロナ禍の中、世のアルコール依存性者を救済できるのは今しかないとさえ思っております。。でもテレビではお酒提供始めたとか、緊急事態宣言解除による国民の緩急により難しそうですね( ´-`)俺も酒やめたいです。朝から、初コメント失礼しましたm(_ _)m

    • 星ハジメ 星ハジメ より:

      コメントありがとうございます。
      そしてYouTubeご視聴もありがとうございます。
      過去の私は毎日飲酒しないといられませんでしたから酒をやめられるなんて思ってもいませんでした。
      でも心のどこかでは酒をやめたいという気持ちがあったんです。
      その気持ちは本当の嘘偽りない気持ちなんですよね。
      自らの本当の気持ちに従った時、快感さえ感じました。
      「うぉ、もう2週間も飲んでない。嬉しいな」という感じです。
      そうして断酒を継続させて行くと飲酒欲求より断酒欲求の方がはるかに大きくなっていったのです。
      ぜひ、まっさんさんの本当のお気持ちに従い酒なし世界へいらして下さい^_^
      断酒応援しています!

タイトルとURLをコピーしました