断酒して心の風景を変える

こんにちは、星ハジメです。

有言実行時、私たちの底から湧き上がる力は計り知れません。

それは言動が一致しているからです。

私たちは常に自分自身をよく観察しています。

自らが自らを評価しているのです。

そしてその評価基準は常に「自らの幸福」なのです。

断酒が自らの望み

酒なし世界を渇望する。

それは酒を飲み過ごす日々がたまらなく嫌だからです。

そしてその日々が幸福から遠のくことだと心のどこかで認識しているのです。

そのために心がズキズキと痛むのです。

そうしてその日常を変えようと断酒を渇望するのです。

断酒は私たちの希望なのです。

断酒できなかった…

でもいざ断酒をしようとすると中々継続しない。

酒をやめても再飲酒してしまう。

そうすると酒をやめたい自分が飲んでしまった自分に×の評価を下すのです。

すると途端に自らの自信は崩れ去り自らを失ってしまうのです。

「また飲んでしまった‥もうどうでもいいかな」

しかしこれは自信を失わせて飲酒へと向かわせる酒の作戦なのです。

飲んでしまったとしても全く自信を失う必要性はありません。

次回の断酒成功へとつなげるのみです。

不幸せを望む人はいないよ

酒を飲んでしまったということで自信を失う必要はありません。

なぜならそれはアルコールという物質の作用だからです。

自らの意思でどうこうなることではありません。

酒が不幸を呼ぶのです。

酒が私たちの自信を削ぎ落とし飲ませようとするのです。

飲んでしまったことと自らの評価は連動しません。

無関係なのです。

自らの幸福を強く渇望し、その手段としての断酒を成功させるまで継続していきましょう。

今日も心の風景を変えようではありませんか!

私たちの最終目標は「自らの幸福」。

それには断酒が必要なのです。

飲まないと決めたのに飲んでしまったということで自信を失う必要はありません。

断酒は手段なのですから。

さあ、今日も幸福に向かって有言実行していきましょう。

力が湧き上がってきますね!

断酒応援しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました