酒しかないという思い込みは習慣によって強化される

こんにちは、星ハジメです。

毎日酒を飲む日々を続けていると本当に酒しか楽しみがないと思いがちです。

酒を介した遊び、出会い、話などでないと全く楽しめないのです。

過去酒を毎日浴びていた私たちは経験済みなはずです。

「えー、酒飲まないの?つまんねー」

↑こういうことになってしまったのです。

でもここで気付くべきです。

本当に酒がないと楽しくないのか?ということを。

結論:酒がない方が楽しめる

私はクドイと思われようとも何度も言います。

酒がない方が生活が楽しめるのです。

でも酒がないと楽しめないと思うのは飲酒習慣に囚われ騙されているからです。

習慣化の力は正にも負にも働きます。

正の方向に働けばとても良い変化をもたらします。

逆に負の方向に働くと悪い変化をもたらします。

飲酒習慣はまさに負の強化なのですよ。

私たちに悪い変化をもたらしたのです。

酒の渇望という変化を。

習慣が私たちを騙す

一つ例を出しましょう。

毎日食後にはアイスクリームを食べるようになったとします。

それは習慣となり食後にはアイスクリームを食べないと満足しないようになります。

でも心のどこかでは「太ってきたしやめなければなぁ」という気持ちを持っています。

でも習慣となっていますから食べないと満足しない。

こうやって負の習慣化は満足ではなく苦痛を生み出すのです。

私たちは苦痛を追い求めることなどあり得ません。

でも負の習慣化の結果、苦痛を求めることになる。

つまり習慣化によって私たちはまんまと騙されているわけです。

飲酒に溺れた先を想像する

騙されたまま生活して行くのはあまりに過酷です。

気付き自らの生活を良いものにしていかなければいけません。

そこで私たちが飲酒に期待したものを考えてみましょう。

  • 気分変化
  • ほろ酔いの気持ち良さ
  • 現実逃避
  • 1日の締めくくりの満足

これらのものは実際に飲酒後、得られたでしょうか?

皆様の心に聞いてみて下さい。

その酒に皆様の期待は入っているのでしょうか?

現実と想像のギャップを感じましょう

酒には期待は一切入っていません。

酒を飲んで期待通りの効果は得られないのです。

それどころか逆に苦痛をもたらすことになるのです。

そんなの馬鹿馬鹿しいですね。

飲酒の習慣はあまりに無駄です。

他に習慣化するべきものがたくさんあるはずです。

私たちの幸福に向けて。

断酒応援しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました