「飲める体質で良かった」ですって!?

こんにちは、星ハジメです。

飲酒時代の私はこうやって思っていました↓

  • 飲める体質で良かった
  • 酒飲める俺は大人の本質が分かっている

完全にヤバい思考の持ち主だったようです(^^;;

こうやって思考自体がおかしくなるのは酒のせいなんです。

酒を飲むと通常の思考ができなくなります。

そのズレた思考で人生を歩んでいくわけですから路頭に迷うのは必然なのです。

「酒が飲みたい」が全ての発生源になる

「飲める体質で良かった」

なぜこういう風に思うのでしょうか?

それは突き詰めていけば「飲みたいから」です。

飲みたくてたまらないから、それを正当化するために「飲める体質で良かった」と思うのです。

飲みたくなければ「飲める体質で良かった」なんて思いませんからね。

本当は「飲めない体質で良かった」となるはずなんですが(^^;

それは酒の依存が見せる偽りの幻想。

酒は私たちの頭をもれなくおかしくするのです。

酒飲めない人は人生損している?

酒に依存していると飲めない人のことを本気でかわいそうと思います。

「あの人は飲めないんだな。かわいそうに。毎日つまらないだろう」

こんなことを本気の本気で思うわけなんです^^;

かわいそうなのは酒に依存している私だったのですね。

またそんな思考になるのは「飲みたい」から発生する捻じ曲げられた幻想の仕業なのです。

飲酒欲求主体の思考で上手くいくことは何一つ無い

飲酒時代の「酒飲みたい思考」で上手くいったことはありませんでした。

妻の信頼を失い家庭不和の原因になっただけでした。

妻からしたら「酒なんて飲んでないで家のことをしてくれ」と思うのは当然です。

飲んで置き物のように座っているだけですからね。

でもそれは家庭だけにとどまりません。

日常の生活でも仕事でも酒主体の思考を持っていると全て上手くいかないのです。

酒主体の思考の結果、二日酔いで仕事ができないなんて、その最たる例ですね。

その他にもまだまだあるでしょう^^;

飲みたい渇望は無駄なことなのです

飲酒主体の思考に囚われると本質を見失います。

  • 飲める体質で良かった
  • 酒飲める俺は大人の本質が分かっている

こういう思考をするということが何よりの証拠なんです。

酒をやめて2年経った今、心底飲酒当時の私の思考に寒気が走りますよ。

断酒応援しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました