飲酒なんて心底どうでも良い

こんにちは、星ハジメです。

飲酒の心配は本当に無意味ですよね。

「今日は飲めるのか?」

「今日は飲む時間が確保できるのか?」

「今日の飲酒は邪魔される事なく達成できるのか?」

こういう考えで自らの精神を酷使するのは本当に無駄な時間なのです。

そんな思考のしがらみから解放されたいですよね。

断酒をすれば飲酒思考のしがらみから完全に解放されますよ。

そうして爽やかな思考が私たちを包み込むのです。

断酒はやはり最高ですね!

スポンサーリンク

飲酒なんて心底どうでも良い

本当にどうでも良いです。

酒に囚われないと本当に楽チンですね。

飲酒によって設計される生活がなくなりますから無理に感情を動かしたりしなくて良いからです。

毎日最適化された生活を送るのです。

当然そこに「酒が飲みたい」なんて感情は入り込みません。

そうすると毎日自分の感情で動くことができるのです。

酒を飲んでいる時は自分の感情を持ち得ていないのです。

私たちの根底にある感情は「酒なんてどうでも良い」なのです。

スポンサーリンク

過去は心底飲酒に溺れたい

飲酒時代は何が何でも酒を飲まないといけませんでした。

飲酒がどうでも良いなんてあり得ません^^;

飲酒こそ、私にとって最も価値を持つものであったのです。

「毎日締めくくりには酒がないと気持ち悪い」

「1日が終わる感覚がない」

こういった幻想が私を飲酒の大海原へと出航させたのです。

スポンサーリンク

酒を考えない開放感

24時間の中において酒を1ミリも渇望しない状況は想像以上に快適ですよ。

酒のことを考えず過ごす日々はとてつもない開放感です。

夜遅くなったとしても酒を飲む時間を心配する必要はありません。

飲酒のために食事を制限する必要もありません。

酒のつまみを探してスーパーを彷徨うこともありません。

酒を飲むために自分の生活を制限する必要がないのです。

そういった意味で酒はまさに人生の拘束具なのです。

スポンサーリンク

心底執着するものは何か?

酒の呪縛を解き放ちましょう。

断酒をすれば必ず「酒なんてどうでも良い」となりますよ。

だって飲酒なんてとんでもないですから(^^;

メリットなし、害しかない。

こんなものに執着するなんて本来あり得ないのです。

皆様の狂おしいほど執着するものは何でしょうか?

ス◯ーカーとかは絶対にNGですけどね(^^;;

断酒して酒の無意味に気付きましょう。

断酒応援しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました