酒を飲む期間は終わったんだよ

こんにちは、星ハジメです。

私たちは生まれてから今まで色々な期間を経験してきました。

そしてその期間には終わりがあります。

小学校は6年間、中学校は3年間、高校は3年間。

期間が決まっているのですよ。

それと同様に飲酒は5年間です。

現在酒を飲んで苦しんでいるのは、大きく羽ばたこうとしている自分が悲しみの声を上げているのです。

だって中学校に行きたいのに、ずっと小学校に括り付けられているようなものなのですから。

スポンサーリンク

酒を飲む期間は終わったんだよ

私を含め、このブログを見てくださっている方は例外なく飲酒期間は終了しているのです

さみしいと思いますか?

お気持ちは本当に分かります。

でも別れには新たな出会いがあるのです。

ずっと別れの悲しみを引きずって生きている方はいません。

酒との別れなんてすぐに忘却しますよ。

スポンサーリンク

心のどこかでは「やめたい」

飲酒期間を終了しているのに飲み続けるとある感情が心をツンツンします。

「このままではヤバいな‥やめないといけない」

これこそ真の自分の意見。

でも飲酒習慣という惰性行為によって、その意見は押しつぶされ消え去っていくのです。

過去の私がまさにそうでしたから。

皆様もそうではないでしょうか?

自らの真の意見ほど大切なものはないのに酒が入るとゴミを大切にするのです。

酒とはなんと罪深いのか。

スポンサーリンク

酒と一生付き合っていきたいという間違い

酒は飲める期間が限定されている。

こういう事実があるのです。

それなのに、ずっと飲もうとする事自体がおかしいのです。

そのため飲酒による不具合が発生するのです。

もう一度、皆様の心に刻みましょう。

酒を飲む期間はもう終わったんだと。

スポンサーリンク

今のあなたは酒じゃないんだよ

酒を飲む時期はとうに終了しています。

でも私たちにはシラフの期間中じゃないですか!

新たなステージに立っているのです。

新たな出会いを、新たな知識を、新たな思考を、新たな試みを噛みしめましょう。

私たちが生きる世界はこっちなんです。

断酒応援しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました