酒は自分にとって悪だった

星ハジメです。

「疲れて帰ったら冷えたビールで自分にご褒美だ」

皆様はこんな思考になっていませんか?

もしくは、なっていませんでしたでしょうか?

そうですよね、この思考は明らかに酒の洗脳なのです。

疲れたり一息つきたい時は酒など不要。

酒を欲するのは依存のサインなのです。

そして酒の依存は私たちに訪れるチャンスを奪い去っていくのです。

酒は私にとって悪だった

酒は健康を奪い、私たちに与えられたチャンスも奪います。

一体飲酒がどれほどの不利益を私たちに与えることになるのか可視化してみましょう。

  • 飲酒による健康被害
  • 飲酒による社会的信頼の喪失
  • 飲酒による金銭の喪失
  • 飲酒による未来の喪失

頭の中のキャンバスに描いてみましょう。

酒を飲み続ければ近未来、必ず私たちに訪れるのです。

酒は私たちに絶対的な不利益を与える。

つまり酒は絶対的に悪なのです。

過去飲酒していた私は何を成し遂げた?

私は過去酒を飲んで何をしていたのでしょう(^^;;

毎日19時〜21時の間に飲酒を開始して24時か25時まで飲酒する。

そうして眠るのです。

それを365日毎日続けるのです。

何かを成し遂げるなんてできっこありませんね。

別に何かを成し遂げなくたっていいのですが飲酒の日々はあまりに空虚です。

せっかく生まれたのですから意味のある生活を送りたいものですね。

飲酒欲求が生活を侵食するなら酒は悪だ

酒を悪者にするつもりはありません。

私に限っては悪だということなのです。

飲酒の結果、私の状況が悪くなるために酒は悪なのです。

私はうまく酒を飲む事などできません。

飲めば飲酒の大波が私の生活を飲み込むでしょう。

そうなればもう終わり。

酒を飲み破滅していくだけの人生となるのです。

皆様はどうでしょうか?

酒に生活が脅かされているようなら酒は絶対的に悪ですよ。

断酒して酒とはさよならしましょう

私にとって断酒は最高な選択肢でした。

そして最高な結果をもたらしてくれました。

なぜならば酒という悪と決別したからです。

皆様にとって酒は悪ですか?それとも善ですか?

もう答えは出ているはずです。

そして今日とるべき行動も。

コメント

タイトルとURLをコピーしました