断酒してから体の疲れが露骨に分かる

星ハジメです。

過去、私は何があろうとも飲酒をしていました。

365日飲まない日なんて2、3日くらいでしたね。

皆様もそうではないですか?

休肝日なんてあり得ないし、そもそも酒を飲まないなんて選択肢にない。

酒を飲むことは至極当然のことで自然に毎日飲むのだ。

こんなところでしょうか(^^;

でも酒を毎日飲むのは異常ですし、本来感じるはずの感覚を消し去るのです。

酒を飲んで麻痺しただけで本当は体が悲鳴をあげているかもしれませんよ。

断酒してから体の疲れが露骨に分かる

意外かもしれませんが断酒してからの方が疲れを感じます。

1日仕事をして家に帰りご飯を食べる。

そうするとドッと1日の疲れが押し寄せるんです。

まあ、当然のことですよね。

でも飲酒していた時を考えて頂きたいのです。

仕事をして帰って風呂に入って酒を浴びる。

すると、あら不思議?

全然疲れを感じない。それ飲めや歌えや宴会だ。

私の場合はこうでしたね^^;

つまり飲酒をすると実に不自然なんです。

本来の疲れを感じず飲酒欲求のみ感じるようになるのです。

本来ならば1日動いたら疲れるんですよ。

徹夜明けでも酒を浴びる

「いや、徹夜明けこそ酒を浴びなければ!」

過去の私はこういう思考でしたよ^^;

それで徹夜明けでも酒を浴びると心地良い感覚に包まれるんです。

疲れを感じるは感じるんですがシラフのそれとは明らかに異質でした。

シラフで感じる疲れは自然のものなんです。

そして疲れを癒そうと休息を取るんです。

でも飲酒すると休息が飲酒になりますから全く疲れが癒えていないんですよね。

飲めば飲むほど破裂の時が近づくんです。

つらい時はつらいんだよ

酒なしだろうと酒ありだろうと疲れやすい時は疲れるんです。

疲れたら眠るんです。

そして元気を充填して次の日も活動するんです。

そうすれば破裂しませんよ。

でも飲酒だと?

疲れたら飲酒するんです。

そして疲れを癒すことなく次の日も活動するんです。

そうして疲れを溜め込み破裂するんです。

飲酒とはそういうものでもあるんです。

不自然を続ければ爆発する

破裂の前兆をお教えいたしましょう。

疲れを感じた時こそ酒を飲まないといられない状態。

これが前兆です。

もし心当たりがあるのであれば、初めは辛いですが断酒しましょう。

そのまま放っておいたら破裂して後悔してもしきれない後悔が訪れるのです。

断酒こそ至高であり希望なんです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました