酒好きが自己アイデンティティだと!?

星ハジメです。

「俺には酒がある。他には何もいらねぇ。酒さえあれば俺はやっていける(キリッ)」

過去の私はこんな感情を持っていました。

これは私だけでしょうか?

酒好きな方なら少なからず共感されるところがあるのではないでしょうか?

そうなんですよね。

酒好きが自分の軸になってはいけないのです。

だって酒は身を滅ぼすものですから。

自分の軸は酒以外にするべきなんです。

「酒好き」が自分のアイデンティティはダメ

当然ですよね。

まあ酒好きがアイデンティティになっていないという方もいらっしゃるでしょう。

しかし、それでも酒を飲むことが自分の1番の拠り所となってはいけないのです。

「つらい毎日も酒を飲めることを考えると乗り越えられる」

これは本当にやめるべき習慣なんです。

その飲酒習慣は必ず私たちを滅多打ちにするのです。

酒好きを豪語するほど私たちのアイデンティティは音を立て崩壊していくのです。

飲酒翌朝の嗚咽は、まさにその音なのですよ。

酒をよりどころにした結果は無残

毎日大酒をかっくらって元気な方は知りません。

大酒飲みは必ず体を壊していくのです。

「酒を飲み過ぎたら体を壊す」

私は何度この言葉を聞いていたことでしょう。

しかし全て右から左。

この言葉を受け止めねばなりません。

飲み続ければ必ず酒害が牙を剥くのですから。

酒好き転じて病気になる

酒を飲んでも何にもなりませんし、大病を患うだけです。

  • がん
  • 脳梗塞
  • 脳卒中

恐ろしいですよ。

私だけは病気にならないと思わないことです。

酒害からは誰も逃れられないのです。

大病に倒れた時、後悔するのはつら過ぎますよ。

俺には夢がある(キリッ)

断酒して自己アイデンティティを確立させましょう。

皆様の体の中にはどんな軸が通っていますか?

やりたいこともあるでしょう。

楽しみたいこともあるでしょう。

夢もあるでしょう。

そんな少年少女のような心で、もう一度リスタートを切りましょう!

酒をやめたのですから!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました