一生飲まなくても全然大丈夫なんです

こんにちは。

断酒11ヶ月目です。

■お酒を断つ

お酒から離れてしまうこと、耐えられませんか?

もう一生お酒が飲めないのです。

どうでしょう?

人生で大切なものが奪われてしまう、そんな気持ちになるませんか?

お酒に未練がある時は「お酒は休みの前の日だけにしよう」と意気込むのですが、当然決めたことを実行できません。

お酒をやめるには断酒しかありません。

節酒、禁酒はお酒を減らすという選択です。

お酒を断つ一択です。

■お酒の魔力

今まで長い間お酒を飲んできました。

脳が体が依存しています。

お酒がないと心身が悲鳴をあげます。

とても不快です。

お酒は魔力をもっています。

世の中のもの全てが魔力をもっていますが、お酒の魔力は強烈で残酷です。

一度かかると抜け出すことが困難です。

しかし、抜け出すことは可能です。

■自分は大丈夫じゃない

お酒を飲んでいる時、私はただのお酒好きだと思ってしまいます。

毎日毎日飲んでいるのです。

一年で飲まない日は7日間あるかないかです。

ビール500ml換算で毎日6本分は飲んでいるのです。

飲酒時間の確保に必死になっているのです。

控えめに言って異常なんです。

世の方々はそんな生活をしていません。

みんなと同じがいい、ということは昨今好まれませんが、お酒に関してはみんなと合わせましょう。

みんなと右ならえです。

■飲まなくてもさみしくない

断酒初期のお酒を飲めないさみしさ。

もう一生飲めない。

このさみしさは人生でベスト3には入ります。

私は「さみしい」という感情が第一でした。

様々な感情があると思います。

必死に考えます。

  • 飲まずにいられるかな
  • 真夏の汗ばむ季節は危険だ
  • 夕方喉が乾いていたら危険だ
  • 嬉しいことがあったら危険だ
  • 辛いことがあったら危険だ
  • 1日の終わりが危険だ

断酒初期はこう考えることは当然です。

しかし、全くの杞憂に終わります。

お酒なくても全然さみしくないのです。

■なぜお酒をやめようと思ったか?

お酒をやめようと思ったのは何故ですか?

では、お酒を飲んでしまったらどうなりますか?

お酒を飲んでしまったら、お酒をやめようと思った理由や思いを達成できません。

お酒をやめることが大正解なのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました