酒ありは問題あり

星ハジメです。

「酒あり」は問題ありありです。

逆に「酒なし」は問題なしです。

現在断酒に踏み切ろうと考えている貴方はこの事実を認識していますか?

実に単純明快なこの事実は飲酒習慣の中にいると認識できないのですね。

酒ありは「問題ない」こんな思考になってしまうのです。

飲酒は問題大あり

お酒は嫌ですね。

酒を飲むと問題が同時多発的に発生します。

体に心に環境、状況、信頼。

飲酒によってどんどん問題が膨れ上がっていき、しまいには大爆発を起こします。

そんな飲酒が問題ないわけがないのです。

でも酒を飲んでいると「飲みたい気持ち」が全てを都合よく覆い隠します。

結果「俺は酒好きだから」「俺には酒が活力源だから」という飲酒発言をするのです。

問題があるのに問題なしと自分を納得させてしまうのです。

と、とんでもねーーー!!

酒だけは特別なんだ…

「あのね、俺に酒をやめろとか本気なの?

俺が酒をやめれるわけがないし、酒は俺にとって特別なんだよ。

大丈夫だって!俺は酒に飲まれたりしないから!」

この言葉ほど空虚なものはありませんね^^;

言ったそばから酒に飲まれ酩酊しているんですから。

バツの物を講釈たれてマルにすることはできないのです。

永遠に。

酒やめて困ることは一つもない

飲みたいがために自らの飲酒を周囲に向けて正当化する姿は滑稽です。

いや怪奇です。

過去の私もそうでしたから、妻から見たら私は怪奇人物だったことでしょう。

「何で飲まずにいられないの?

おかしいんじゃないの!?」

こうやってよく言われましたよ^^;

そのご意見はごもっともですね。

酒飲まなくても何も困ることはないのですから。

酒なしで問題なく輝け!!!

飲酒習慣に捕まると酒を飲むことに必死です。

その姿はあまりに滑稽で、そして悲しいものです。

絶望を抱えて夢を見ようとしているのですから。

いいですか?

飲酒は問題だらけ。

断酒は問題なしです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました