酒を飲まない状況は幸せなんだよ

星ハジメです。

私は酒を飲まない状況をつらいと思ったことはありません。

飲まない状況をただただ良かったと思うだけです。

飲まない状況は果てしなく幸せであり、ラッキーなんですよ。

おせっかいながら、皆様には気付いて頂きたいのです。

酒を飲まない状況は幸せだ

断酒して半年経ったあたりから、私は酒を飲まない状況をつらいと思ったことがありません。

ただの一度もないんです。強がりとかではないのです。

心の底から「飲まない状況はつらくない。むしろ良かった」と思うのです。

他人が飲酒しているのを見たり、想像したりして羨ましいと思うなんてあり得ません。

飲酒の底のない悪意を認識して下さい。

そんなもの私は一切いりません。

飲まないことが幸せなんです。

飲めないなんて酷すぎる

「もう何もかも終わった。はい、終わり」

以前の私の断酒に対する思いは気付いていないからとはいえ、滑稽中の滑稽です。

飲まない状況をつまらないと感じ、つらい、酷だと思い込んでいたのです。

それも全て依存の楔。

何十年と強化された飲酒習慣が私を真の幸福から遠ざけていたのです。

酒の快楽は求める程のものではない

それに飲酒の快楽なんて良いものではありませんよ。

私は飲酒の(幻想の)快楽と断酒の快楽を双方体験しています。

その私から言わせれば、飲酒の(幻想の)快楽なんてつらいだけです。

酔いが覚めたら虚しさが襲う。

酔いさが覚めたら体調不良が襲う。

酔いが覚めたら酒害が襲う。

酒の快楽なんて、決して追い求めるようなものではないのです。

飲まない貴方は最高に幸福な状態なんだよ

断酒初期のつらさで断酒を諦めないでください。

断酒の先には本来の幸せが待っているのです。

飲まない状況は最高に幸せなのだと認識する時が必ず来ます。

それまで前を向いて断酒継続して下さい。

酒なし世界が貴方の可能性を期待しているのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました