断酒しなければずっと気が付かないままだ

星ハジメです。

飲酒を続けていると飲酒文化に幻想を見せられ続けることになります。

本当は快楽でもなんでもないのに、良いものだという認識を植え付けられることになります。

騙されるんですよ。

CMなんか見て「旨そうだなぁ、今度買ってみるか」こんな風ならば、酒文化の思う壺です。

確かにこの日本で酒文化は歴史深いものがあります。

その文化の歴史を否定するつもりはありません。

でも酒害という客観的事実を見た時、酒文化の促進は明らかな異様なのです。

断酒しなければ搾取され続ける

  • 酒を飲んだら判断が鈍るから飲まない
  • 明日は仕事だから飲まない

こうやって日々過ごしている方が多数でしょう。

だって世界人口で見たら飲酒者は少数派なのですから。

そしてその判断は全くの正解ですよ。

酒を飲むと自らの行動が上手くいかなくなると認識しているのです。

こういう状態ならば酒に搾取されるということはないでしょう。

でも私たちはどうでした?

明日朝早かろうが、判断が鈍ろうが、関係なく酒飲んでいましたよね。

これこそ搾取でなくてなんでしょう?

酒代いくら使っていた?

搾取が簡単に可視化できるものがあります。

それは酒代。

貴方は毎月酒代にいくら使っていましたか?

1万?
2万?
3万?
4万?
5万?

これってなくせる浪費なんですよ。

毎日何の疑問も持たず酒代を支払うのは搾取に気付いていないからです。

酒好きだから酒代を惜しまないのではありません。

搾取に気付いていないから酒代を惜しまないのです。

文化は蓄積ではなく時代の息遣い

今の酒寛容文化は異様なんです。

酒で苦しむことが判明しているのに社会として酒を販売促進しているのですから。

令和現在、もう飲酒は文化とは言えません。

文化ってその時代、時代に生きる人々の思想だと思います。

だから歴史と違って蓄積しないんです。

時代によって移り変わっていくのです。

今現在、酒は文化として成り立ちませんよ。

50年後、酒は規制されている

今は2021年ですから2071年には酒は規制されて買うことはできないでしょう。

もっと早く販売規制されるかもしれませんね。

でも規制、いや救済は早ければ早い方が良いんですよ。

だって酒は命を奪うものですから。

強いては人類の未来を奪い去るものですからね。

断酒に勝る未来はない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました