自らが納得する価値観に生きよ

星ハジメです。

飲酒に人生の価値を見出している人はいます。

そして逆に断酒が価値だという人もいます。

価値観というのは皆違うんです。

何かの価値を測る時、評価基準は常に自分なのです。

貴方は断酒の価値に心の底から納得できていますか?

己の納得が全て

価値観は皆違います。

そして一概にどれがよくて、どれが悪いというのはできません。

どんな価値観であれ、それはその人が納得しているから価値があるのです。

価値観に正解、不正解はないのです。

どんなことであれ各人にとっての価値は正なのです。

つまり飲酒さえ正となるのは当人が飲酒に納得しているからなのです。

話が矛盾するようですが、果たしてそれでよいのでしょうか??

飲酒の価値に納得していた

私は飲酒に価値はないと思っています。

これから先も価値を見出すことはないでしょう。

それは私が飲酒に納得していないからです。

でも過去の私は飲酒に納得し価値を見出していたんですね。

なぜ飲酒に納得したのでしょうか?

考えてみると私はただ酔いたいだけだったんです。

そうして飲酒が何もない日常の主要イベントとなっていたわけです。

だから生活の主要イベントをなくしてしまうと、私の人生がつまらないものになる。

整理しましょう。

  • 生活の主要イベントを得ることができるから飲酒に納得していた。
  • だから飲酒に価値を見出していた

……ふっw

申し訳ございません。

過去何も知らなかった私に笑ってしまいました。

断酒で気付くことができた

価値観に正解、不正解はありません。

当人がその価値に納得していればよいのです。

矛盾しますが飲酒の価値は不正解です。

絶対にあり得ませんよ。

飲酒だけは例外なんです。

飲酒に価値を見出すなんてとんでもないことです。

なぜならば価値とは生があること前提だからです。

死へと向かう飲酒は絶対に不正解なんです。

言動の一致をしよう

断酒をすると決めて実際酒を断つ。

こういった言動の一致は自己効力感が跳ね上がります。

そうして自分をどんどん成長させることができるのです。

今の私は酒をやめることに対して納得しています。

だから断酒に計り知れない価値を感じているのです。

自らが納得した生き方は圧倒的な生ですよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました