飲酒でコントロールできるのは「はじめの一杯」を飲まないことだけだ

星ハジメです。

皆様は酒をチビチビ嗜みながら刺身を味わうなんてできましたか?

それとか夜空を眺めながら酒をチビチビ飲み、適当に切り上げて布団に入り眠るとかできましたか?

絶対無理ですよね??

いくら嗜もうと思っても酒を飲めばおしまい。

飲酒コントロールを失い、記憶がなくなるまで飲み続けることになるのです。

そんな破滅の飲酒は誰がどう見たってやめなければいけないのです。

さあ、今日も希望の断酒をはじめましょう!

最初の一杯を飲まないことは制御できる

断酒を始めて「はじめの一杯」を飲まないことはできるはずです。

でも「飲酒を適度に切り上げる」ことは不可能ですよね。

そうして適度に飲めない飲酒は自らの人生を崩壊させるのです。

断酒とは「はじめの一杯を飲まないことを続ける」ことですね。

飲めば破滅してしまいますから、断酒とは果てしない希望なんです。

飲めなくてつらいのは酒の幻想です。

心の中にしっかりと真理を持ち、希望に満ちた断酒を続けましょう。

飲酒エンジンがかかる

「ようやくエンジンがかかってきたぞ…」

飲酒に対してこういう表現は共感されるのではないでしょうか笑

酒って、なんか調子が悪くて飲まなくても飲んでしまえば調子が上がってくるんですね。

それを私は「エンジンがかかってきた」と表現していました。

飲酒ギャグです。

果てしなくつまらなく、そしてくだらないギャグでした。

飲酒エンジンなど永遠にかからなくてよいのです(-_-)

飲んだ後の虚しさといったらない

「はじめの一杯」を制御せず、飲んだ時を思い出してください。

嗜むどころか「ガバ飲み」「ガブ飲み」へと変容しています。

そうして記憶を失い、体の調子もひどく悪くなります。

翌朝なんて吐き気で立ち上がれないこともあるでしょう。

こんな日々はとてつもなく虚しく、空虚であり、やめるべき行為なんです。

「はじめの一杯」を制御したら最高に快適で有益な日々になるのですから。

最初の一杯を飲まなければ最高に得をする

飲酒はコントロールできません。

飲めばノーブレーキで奈落の底です。

自分でコントロールできないものって嫌じゃないですか?

私はすごく嫌です。

単純に怖いですからね(^^;

飲酒はコントロールできません。

そういう意味において飲酒とは破滅そのものなのです。

さあ、今日も「はじめの一杯」を希望を持って制御し続けましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました