二日酔いで苦しんだはずなのに

digital-drawing-ge0519657f_1920

星ハジメです。

二日酔いで苦しみもがいたはずなのに、夜になるとまた飲みたくなる。

これって本当に危険なんですよね。

自分のことを大切にできているのならば苦しんだのに酒を飲むなどはできないはずなんです。

飲酒していると大切なものに気づくことができないのです。

飲酒の危険

『き、気持ち悪い…』

こうやって何度、私は二日酔いに倒れたことでしょう。

でも夕方になると楽になるもんですから飲酒するのです。

これって骨折した腕が治ったから、また骨折しようとしているようなものなのです。

自らどんどん体を傷つけているのですね。

そうやって考えると、とても悲しいことに思えます。

実際、飲酒というのは悲しいことだと思っています。

自分の大切なものが分からなくなるのですから。

飲酒は実に危険です。

飲酒のダメージを見ようとしない

飲酒に依存していると飲みたい欲求が全てを覆い隠します。

自分の体がどれだけ傷ついていようとも関係ありません。

二日酔いから回復したら『酒が飲めるようになってラッキー』くらいに思うのです。

二日酔いでダメージを負った自分の体を大切にしなければいけませんよ。

それにはもう一生酒を飲まないことです。

これほどの幸福はありませんよ。

二日酔いは飲酒のダメージを可視化している

飲酒のダメージは見えますよ。

それは二日酔いの苦しみです。

貴方が苦しい思いをしている時、貴方の体も苦しんでいるのです。

肝臓、膵臓、大腸、心臓…。

貴方の生命活動を維持するための臓器が悲鳴をあげているのです。

貴方の体は貴方自身が守ってあげなければいけません。

体を壊してまですることなんて存在しない

飲酒なんてやめるべきです。

仕事だって体を壊してまでやることはありません。

貴方が壊れたら一体なんのためにこの世に生まれ落ちたのか?

私たちは壊れるために生まれてきたのではありません。

皆幸せになるために生まれてきたのです。

飲酒は捨てて希望を見つけましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました