快楽とは溺れるものではなく管理するものだ

mind-gd986bd6ea_1280

星ハジメです。

自分の世界をより良いものに変えていく、管理していくというのは気持ちが良いものです。

だって自分が良くなることに悪い気がする人なんていませんからね。

それに自己コントロールができる状況は安心しますし快感なんです。

快楽に身を任せ、溺れ、乱れた先には得るものがないのです。

快感とは管理してこそ輝くのです。

快楽を管理する

快楽を管理するとは考えたことがありますか?

自身が気持ちが良いと感じることを自身で整理整頓するのです。

  • 気持ち良くなりたいならば気持ちがよくなるようにする。
  • そうでなければ気持ちが良くなる行動をしない。

こんなところですかね。

これにはもちろんアルコールなどを必要としないのです。

すべて自分の決定行動次第なのです。

そうやって全て自分で快感を管理することができると感じる快感の質が違うのです。

これぞ、真の快楽なのですね。

酒を飲まない生活を送り、快感を感じる。

これは真の快楽なのです。

快楽に溺れる

快楽を管理せず溺れた場合は、次第に自己肯定感が下がります。

なぜならば自分でコントールできていないからです。

全て自分以外からの影響のため自己決定感が感じられないのです。

快楽に溺れた先には自己を削ぎ落とし快楽を逆に感じられなくなります。

偽りの都はいつか滅びるのです。

管理は自己決定感を育む

『俺は絶対に毎日、豆乳を飲む』

こうやって自分で決定し、実行できるとコントロール感が感じられます。

それこそ自己決定感です。

自己決定感とは自己肯定感を支える感情の一つです。

私たちは自分を意のままにコントロールできると快感なのです。

そうして生きる世界が真の都となるのです。

たまには良いがほどほどにしなければ…

とはいえ、人間ですからね(^^;

たまには快楽に溺れに溺れることもあるでしょう。

私もしょっちゅうですよ笑

でもそれでも私の中には自己コントロールの軸が通っています。

『今日は偽の快楽に溺れる日だ』こうやって自分で決めるのです。

そうすれば自己肯定感が低下することはないのです。

自分で偽の快楽に溺れると決めているのですからね。

自分の人生は自分でコントロールした者勝ちですよ。

さあ、断酒を決定し実行しましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました