断酒後の快調から飲酒時の異常が浮き彫りになる

people-g6dc52b239_1920

星ハジメです。

私は過去、飲酒していた時は寝汗がとんでもなかったです(^^;;

朝起きるとパジャマがベタベタでしたね。

そんな時こう思うのです。

『ストレスだ‥』

でも断酒した現在はストレスで心が引き裂かれそうでも寝汗はかきません。

体の不調の原因は大抵の場合、飲酒で間違いないのです。

断酒後の快調

断酒すると体は快調になりますよ。

断酒初期には逆に不愉快になるでしょうが、1ヶ月もすれば快適そのものです。

飲酒時に感じていた不調は、ことごとくなくなっていきます。

これって恐怖しませんか?

酒を飲んでいるとそういった害が体に降りかかっていたということなのです。

酒害は酒を飲む全ての人間に襲いかかるのです。

水を被ったかと思うほどの寝汗

過去の私は本当に寝汗が酷かったのです。

毎晩寝る寸前まで酒を大量に飲んでいますから、当然といえば当然です。

体に入ったアルコールがどうなるのか以下の記事で説明しています。

酒を飲むとき何が起きているのか?
こんにちは、星ハジメです。 酒を口から摂取したら体の中でどのような事が起きているのかご紹介いたします。 楽しい飲酒は実は危険がいっぱいの行為なのです。 酒害を私たちの心に刻印しなければなりません。 私たちの幸...

酒を飲まなければ異常な寝汗をかくことはありません。

寝汗だけで終われば良いのですが、体内で起きているのは笑えない破滅なんですね。

アルコールを体内に入れ、当然の作用

体が不調になるのはアルコールの作用として至極当然なんです。

アセトアルデヒドという猛毒が身体中を血液に乗って巡り巡っているからです。

酒を飲むということは恐ろしい病気への入り口なんですね。

こういう事実を飲酒欲求で蓋をしてしまってはいけません。

私たちにとっては飲酒は恐怖の対象なんです。

飲酒継続の先には、さらなる悲劇が訪れる

飲酒を続けるというのは破滅を意味します。

絶対に破滅するでしょう。

『身内のおじいちゃんは100歳まで酒を飲んでいた』とか『〇〇家は酒に強い家系だ』とか良く耳にします。

でもそんなことは何にも関係ないし無駄なのです。

全ての希望を焼き尽くすのが酒害なんです。

断酒こそ未来永劫繁栄していく礎なのですよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました