酒なしの体験を積み重ねると、飲酒の選択肢はあり得なくなる

星ハジメです。

私は断酒後、仕事の出張を酒なしでこなせた体験は感動ものでした。

出張先のホテルに宿泊した時、酒を飲まずに過ごすことができたのですね。

これって酒好きには驚くべき行動なんです。

だって出張先の非現実ホテルで酒を飲まないなんて、あり得ないですから(^^;

でも酒を飲むことなく出張を終えることができた。

こんな体験は私の断酒を強固なものにしていきました。

酒なしの体験を積み重ねていきましょう。

そうすれば私たちの人生に、酒が入り込む隙間なんてなくりますよ。

関連記事はこちらです。

特別な日にお酒が必要でなくなった開放感
こんにちは。 断酒応援しています。 旅行や出張など、いつもとは違った日のお酒は格別に感じていたものです。 先日出張でした 先日出張へ行ってきました。 夜遅くまで仕事でしたので、ご飯が食べられずお腹ペコペコ、疲れ...

酒なしの体験

毎日飲酒している方にとっては酒なしの体験というものは新鮮です。

いや新鮮ではなく、居心地の悪いものでしょうね。

どこか旅行へ行き、酒なしなんて拷問でしょう(^^;

そうして酒ありの体験を積み重ねていくのです。

でもそれでは、貴方の脳内には「酒ありき」の行動が刷り込まれていきます。

だから「何かあれば酒」となっていくのです。

どこかでこの負のループを断ち切らないといけません。

「酒ありき体験」から「酒なし体験」へと変えていくのです。

その手段こそ断酒です。

酒ありきの脳内意識を塗り替える

まずは半年を目処に、一日一日酒を飲まない日々を積み重ねましょう。

そうして今までは必ず飲んでいた場面を酒なしで過ごしてみるのです。

すると驚くほどすんなりと酒なしで過ごせるはずです。

恐る恐る触れた体験が成功体験へと切り替わります。

「もう酒なしで大丈夫!」

こんな意識が脳内に響き渡るのです。

意識が変われば行動が変わる

酒なしの意識が脳内に響き渡ると行動も変わりますよ。

  • 出張のホテル→ホワイトチョコ
  • 腹減った→大盛りご飯
  • 暑い→氷水
  • 疲れた→布団

こんな風に状況と意識の結びつきが正常に働くようになります。

酒なしの体験を積み重ねていきましょう。

酒ありきの体験意識を飲み込むのです。

脳内記憶を上書き保存するのです。

私たちには酒はもう一切必要なくなったのですから。

酒のない人生を送りましょう

酒なしの体験を積み重ねると、飲酒という選択肢は消滅していきます。

「今日飲みたいなぁ…。どうしようかなぁ」

このように無駄に悩む時間がなくなるのです。

これって、かなり身軽な生活になるのですね。

酒なしの生活になるとこうなるでしょう。

「今日幸せになりたいなぁ…。挑戦しよう」

こんな日常になっていきますよ笑

コメント

タイトルとURLをコピーしました