断酒後の変化 5選

こんにちは。

断酒11ヶ月目です。

断酒後は楽しみだらけなんですよ?

スポンサーリンク

夜の時間

お仕事が終わってからの時間、家事育児が終わってからの時間、休日の夜の時間、お酒を飲んでいたら「飲酒して寝る」で終わりです。

お酒を飲まないと、とても有意義に夜の時間を使えます。

お酒やめて当初はやることがなく、退屈であると思います。

しかし、断酒を続けていると退屈さえも楽しめます

お酒がない悲壮感を乗り越えた先にそれはあります。

未知の世界を体験するためにレッツ断酒です。

スポンサーリンク

食事

食事は格段においしく感じることができます。

お酒飲んでいても、もちろんおいしいです。

しかし、お酒を飲まないと、本当に自分の欲している食事を自分の欲しいタイミングで、適切な量を食べることができます。

お酒に合わせた食事は食べません。

お酒飲んでわけが分からなくなり、食べ過ぎてしまうということはありません。

必要な分だけおいしく食べられる量をいただきます

スポンサーリンク

楽しいことが楽しい

楽しいことが楽しいとは、一体どういうことか。

例えばディズニーランドへ行き、日中楽しく遊んで、どこかで外食して帰る。

しかし車できているので、お酒は飲めません。

1日中遊び回ったのでクタクタですが、お酒が飲めません。

残念な気持ちになってしまいます。

お酒を飲まない方なら思う必要のないことを思ってしまいます

お酒を飲まない今、楽しいことを一点の曇りなく楽しめることができます。

スポンサーリンク

やる気

およそ断酒半年経ってからです。

いろいろな事に対して興味が湧いてきました。

また、何か新しい事にチャレンジしてみようという気持ちになりました。

お酒を飲んでいる時は「ペッペっぺっ嫌だ嫌だ。自己投資とか、勉強とか、ビジネス本とか、自己啓発本とか私は嫌い。お酒だー!サーケーダー」という感じでした。

なんという事でしょう。

お酒をやめると、そういった類の事を勉強しようという気持ちになりました。

毎日を無駄にできないという気持ちが強まります

スポンサーリンク

身軽になる

お酒は心身に重い鎖を巻き付けます。

お酒を飲んでいる方は目を閉じると感じる事ができます。

無意識に巻き付けられた鎖は、1日中お酒と行動を結びつけます。

何をするにも、お酒を必要とするようになります。

お酒がなくては上手く身動きがとれないようになってしまいます。

断酒によりお酒の鎖を断ち切ると、こうも身軽になるのかと驚きます

どこへ行って何をしようが自由です。

断酒で未知の世界へ。

レッツ断酒です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました