断酒初期避けるべき行動 3選

こんにちは。

断酒11ヶ月目です。

断酒初期に避けるべき行動3つ紹介します。

HALT

HALTの法則(飲酒欲求を生ずる原因)
H ハングリー(hungry、お腹を減らさない)
A アングリー(angry、怒らない)
L ロンリー(lonely、独りにならない)
T タイアード(tired、疲れない)

出典:フリー百科事典『ウィキペディア
(Wikipedia)』

まずは基本のHALTを徹底的に避けます。

ハングリー

お腹が空いた時は何かお口に入れましょう。

太っても大丈夫です。

断酒継続していれば自然に痩せていきます。

太っても一時的なものです。

意外かもしれませんが、お酒のおつまみは小腹を満たすのに最適でした。

炭酸水とナッツ。

炭酸水とポテチ。

炭酸水とチョコレート。

炭酸水とあたりめ。

炭酸水で、飲酒欲求も抑制できて一石二鳥です。

あとは、スーとするミンティア系の飴もおすすめです。

アングリー

怒りです。

避けようがありません。

怒るのは人間なので当然です。

あえて言えば、怒らないように危険察知する事でしょうか?

極力怒りそうな場面には寄り付かない。

もし怒ったら「だって人間だもの」と思うより他にありません。

氷を入れた炭酸水をガブ飲みしてください。

落ち着くと思います。

ロンリー

さみしいという感情は人によって様々です。

私は飲めなくてさみしい、という気持ちでした。

特に夜のさみしさはツラかったです。

これからの人生もうお酒が飲めないという決定事項が、とても辛くさみしく感じました。

そんな時は断酒ブログやユーチューブを見て、断酒成功者の皆様は同じ気持ちだったんだと、気持ちを保ちました。

とても勇気づけられました。

とてもおすすめです。

辛いのは今だけです。

絶対に大丈夫です。

タイアード

疲れたら、ご飯を食べて、お風呂に入って眠りましょう。

これって飲酒時代はできていません。

疲れを癒せていないのです。

疲れたからと言って、お風呂に入ってお酒を飲めば内臓がフル回転です。

眠っている間も肝臓が徹夜で作業です。

寝ても疲れがとれません。

疲れないようにするのは不可能です。

疲れるのは当たり前です。

断酒当初はつらいですが、次第にぐっすりと眠れるようになります。

それまで頑張りましょう!

一生苦しさは続きません。

絶対に大丈夫です。

テレビCM

テレビCMはヤバイです。

あまりヤバイという表現は使いたくありませんが、「ヤバイ」です。

何がどうヤバイのかというと、実は断酒11ヶ月経った今でさえテレビCMを見ると、「ん?」と思ってしまいます。

それで飲酒欲求が来ることはありませんが、絶対に避けるべき対象です。

特に断酒初期には相当な影響力です。

私は断酒初期は、お酒のテレビCMは意識的に避けました。

飲みたいと思わせるようにCM制作をしていますから、誘惑させられて当然です。

意識的に絶対に避けてください。

もし飲酒欲求がきたら、キンキンに冷やしたグラスに氷を入れて炭酸水です。

ノンアルコールビール

ノンアルコールビールは絶対にやめるべきです。

呼び水になります。

断酒の初期中の初期には最適かもしれませんが、断酒期間の1ヶ月2ヶ月とノンアルコールビールを飲酒欲求抑制の武器にするのは危険です。

ビールの味がおいしいというのは幻想です。

おいしくないです。

水の方がおいしいです。

お酒を一生やめるのに、おいしくもないビール味の水を飲む理由がありません。

ビール味の水を飲むことによって、いつまで経ってもお酒の味が頭から離れません。

いつか、自分ではどうすることも出来ない飲酒欲求が来るでしょう。

炭酸水が最適です。

氷を入れた炭酸水を一気飲みです。

飲酒欲求さようならです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました