あんなに飲みたかったのに

こんにちは、星ハジメです。

何が何でも飲みたかった私が、
今は何が何でも飲みたくないのです。

もう私は前にしか
進めないのです。

酒をやめると
後ろを振り向いている時間は
ありませんね。

スポンサーリンク

飲んで振り返る

私の飲酒時代は
それはそれは酒に彩られていました。

1日の終わりには
なくてはならない飲酒。

飲んで今日の出来事を総括する。

振り返る、酒の魚にする。

飲酒時代の振り返りとは
酒のつまみなのです。

酒を飲むためのつまみ。

大切な経験や教えてもらった事など、
自らの成長の糧とはなりません。

酒のつまみとして
消えていくのです。

貴重な経験を
陳腐な経験に変える。

そんな飲酒がなくては
いけなかったのです。

スポンサーリンク

なくても問題なし

今、私は酒をやめて
全く問題がありません。

酒がないという状況が
全く問題ないのです。

朝起きてから
夜寝るまで
何一つ不自由がありません。

酒を一切渇望しませんから
1日が物足りなくもありません。

つまらなくもありません。

人生の楽しみがなくなったなんて
考えることもありません。

断酒の先には皆さんに
必ずそういった生活が待っているはずです。

スポンサーリンク

価値観が全く変わる

断酒後は
酒がなくても問題ないというか、
酒なんてどうでもいいのです。

飲酒するということ自体に
何の価値も感じませんから。

私は断酒後、
時間をすごく意識しています。

タイムイズマネーとは
良く言ったものです。

まさにその通り。

人生の時間はお金なのです。

お金がなくては
生きていけません。

飲酒していると
お金も減って、
時間も浪費してしまいますよ。

そんな酒に価値を感じる訳がありません。

スポンサーリンク

何があろうと飲まない

何が何でも飲みたくないのです。

今まで散々
飲み散らかしてきたのですが笑

酒を飲んで
人生を終わらせられません。

一度しかない人生に
酒を取り入れるということが
私には耐えがたい苦痛なのです。

断酒応援しています。

ぜひ、酒なし生活を
手に入れましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました