気づきを手に入れる

こんにちは。

断酒12ヶ月目です。

飲酒の無意味さに気付きましょう。

飲酒していない自分

飲酒していない自分とは、お酒を飲む習慣はありますが飲酒はしていない時間の事です。

いつもお酒のことを考えている、ということはないと思いますが、最終的には飲酒という行動に落ち着くようになってしまっています。

飲酒していない自分は一日の終わりのお酒があるから、なんとか頑張れるという状態に陥ってしまいます。

これはお酒好きと言えば聞こえはいいですが、厳密に言えばアルコール依存です。

こういう状態になっていると、ただのお酒好きではなく立派なアルコール依存者なのです。

飲酒している自分

毎日の飲酒習慣を取り上げられたら絶望します。

飲めない状況が1番の恐怖です。

絶対に飲みたいのです。

飲まないなんてあり得ないのです。

飲んでも飲んでも、まだ足りない、まだ足りない。

毎日限界まで飲酒します。

その時はいい気分ですが、朝は絶望感不快感と共に起床します。

飲酒している自分は自ら苦行の茨の道を突き進んでいるのです。

自分が気づかない限り、終わりのない茨の道です。

偽りの自分

お酒を飲んで陽気になったり、陰湿になったり、十人十色です。

本当の自分はどうなのでしょう?

お酒を飲む前の自分はどうであったでしょう?

思い出せますか?

何事があっても飲酒に逃避しておらず、悩み苦しんでいたのではないですか?

また楽しめたのではないですか?

お酒を飲んで気分が良くなった自分は、本来の自分ではありません。

偽りの自分です。

本来の自分

本当の自分は、気が小さくて、恥ずかしがり屋で、人見知りで、誇れるようなスキルもなく器の小さな人物です。

お酒を飲んで自分を見つめ直します。

お酒を飲んで頭を麻痺させていると、そういうことも考えません。

と言っても考える必要もありませんが、自分を変えたいと思っている方は断酒して自分を見つめ直すべきです。

もちろん断酒したからと言って自分は変わりません。

しかし断酒で気づきを入手できます。

断酒で見極める

散々偉そうに書いてきましたが、私自身への自戒を込めています。(気分を害した方すみません)

本来の自分が情けなくて、自分の希望像とかけ離れていても良いですよね。

断酒してそこに気づけたのですから。

変える必要性はありません。

本来の自分を見つけられただけで十分です。

変えたいと思う方は変えていきましょう!

あとは希望像に向かって努力するだけです。

断酒で自分を見極めて、断酒の先にある未知の世界で努力していきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました